♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
■川のある下町の話 (1958年) (新潮文庫)


普通の大衆小説のようで、読み易く、良かった(^_^)美人としか思えない女性を文章で起こす著者の腕前にとても感心o(^o^)o気持ちの可愛い桃子、気持ちのカラッとした民子、気持ちの健気なふさ子と三人に想われる栗田義三を軸にした悲しみと淋しさの交じったきれいな善意の物語。古さは気にならなかった。流れる様な文章は、著者が川端康成だと分かっているから感じるとばかりは言えない流麗さだった。1954年の本、病気や怪我で人が唐突に亡くなる描写に稀ではない感じがあり、胸が詰まった。
読了日:11月26日 著者:川端康成

☆ken_sakuraの2016年11月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:4312ページ

その他の本は↓
 
■伝説なき地〈上〉 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)
1986年、舞台はベネズエラ。主人公は誰なのか?それが分かった時には死人の数がもう分からないハードボイルド。手際良く人物を立ち上げては殺していく著者の腕前に感心しながら、下巻へ(^-^)/
読了日:11月5日 著者:船戸与一

■伝説なき地〈下〉 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)
ハードボイルドそして誰もいなくなった♪( ´▽`)豪快、野放図かつ大雑把なことに好感。1986年、舞台はベネズエラ。枯れた油田からレアメタルの鉱脈が発見されたことに端を発する野心と欲望の物語。主人公は丹波春明。相棒に鍛治司朗。大道具も小道具も散らかすだけ散らかして片付けない♪(´ε` )登場人物を殺して辻褄を合わせる剛腕\( ˆoˆ )/日本推理作家協会賞長編賞受賞作。薦めてくれたおもしろ本棚の先生に感謝。
読了日:11月5日 著者:船戸与一

■影武者徳川家康〈上〉 (新潮文庫)
徳川家康を主人公に、関ヶ原の合戦当日から始まる筋立てに痺れた(^O^)/関ヶ原の合戦から征夷大将軍になるまで(1600-1603)中巻へ
読了日:11月12日 著者:隆慶一郎

■影武者徳川家康〈中〉 (新潮文庫)
秀忠との陰険な闘いの日々(1603-1610)下巻へ(^_^)
読了日:11月12日 著者:隆慶一郎

■影武者徳川家康〈下〉 (新潮文庫)
鉄板♪( ´▽`)信長や秀吉には無い徳川家康の趣味嗜好の変化に、関ヶ原の合戦当日の影武者入れ替わりを捩じ込んだ気宇壮大で且つとても面白い必殺の大衆小説(^O^)/世良田二郎三郎と本多正信のカラッとお互いが手前勝手な関係が好き。秀頼の若い諦め、若い狭さは身につまされる。実は、秀忠の虚仮の一念と青蛙の藤左はお気に入り(^_^)薦めてくれたおもしろ本棚の先生に感謝。
読了日:11月19日 著者:隆慶一郎

■虹の谷の五月〈上〉 (集英社文庫)
1998年、舞台はフィリピンのセブ島。北斗神拳の無い北斗の拳を思わせる。ちょっぴりの貧しい善人、小金持ちの小悪人、他人の不幸が好物な大勢の世界(^_^;)日本とフィリピンのハーフの少年トシオ・マナハンの物語。下巻へ
読了日:11月19日 著者:船戸与一

■虹の谷の五月〈下〉 (集英社文庫)
とても良かったo(^o^)o1998年5月(13歳)から2000年5月(15歳)、フィリピンのセブ島の農村ガルソボンガ地区が舞台。雨季に丸い虹が出る谷への道をただ一人知る少年トシオ・マナハンのハードボイルド青春小説。虹の谷に一人潜み闘うゲリラ兵士ホセ・マンガハスとの交流、初恋と初めての殺人、少年の終わり。屈しても一人立ち上がるトシオの感じに機動戦士ガンダムのアムロを思い出した(ガンダムはないので、キツい(-_-;))直木賞受賞作。薦めてくれたおもしろ本棚の先生に感謝
読了日:11月26日 著者:船戸与一
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/991-1a87c6e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)