♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『ガソリン生活』


私の中では、
村上春樹 (何度目かのノーベル賞予想)
  ↑
伊坂幸太郎 (文学界のミスチル:私見)
  ↑
中村文則 (米国 デイヴィッド・グーディス賞受賞)


という3氏の文学図式が勝手にあります。

ノワールとかミステリとかいろいろジャンルはあれど、スタイリッシュな純文学を描くお三方の中で、それでもエンタメ色がいちばん濃いのは、ミスチル伊坂氏でしょうか。
 
この作品は2013年に出版され、今年の春に文庫化された長編小説ですが、近年の中でもこれはヒット。
楽しく切なくハッピーでじんとくる、満腹感ずっしりのお話です。

語り手は緑の車体のデミオ。緑デミは、母一人&大学生から小学生まで二男一女の子どもらが暮らす望月家の愛車です。
いつものように舞台は仙台。資産家の元女優が浮気現場をパパラッチに追われて起こしたトンネル死亡事故をきっかけに、望月一家はさまざまな事件に巻き込まれていくのですが、
クルマの視点で人間模様が描かれていくところがミソ。

望月家の、ちょっと頼りないけど善意あふれる長男、良夫。
ちょい危なっかしい女子高生の、まどか。
一番精神年齢の高い、それゆえにクラスで浮いてる小学五年の亨。
楽観的なシングルマザーの郁子。

という人間のキャラもさることながら、お隣のおうちの愛称「ザッパ」の白カローラ。
宅配の「黒ニコ」などなど、クルマのキャラ設定が素晴らしい!

わたくしは決して車好きの人間ではないのですが、文庫の解説を書いてるペーパードライバー津村記久子さんと同様、「クルマに乗りたい!」と心で叫んでしまうような、魅力的なクルマばかりなのです。

クルマたちは皆、ご主人を愛し、自慢に思い、運転してもらえることを誇りに思ってる。
ペットのような描かれ方ですが、なんせ行動範囲が広いだけに、人間などよりはるかに多くの情報を仲間どうしスピーディに交換し合っているのです。

緑デミは、いつか廃車になる日を思うと胸がつぶれそうになるのですが、望月家の日々を楽しく過ごし、家族の成長を見守りつつ、そして迫る危機に身構えながら(でも何もできない)車内で交わされる会話とクルマ同士の情報から事件の核心に迫ります。

望月家の人々もデミちゃんも、とっても愛すべき人&クルマで、読むほどに心がふんわり溶けて体があったまるような、良いお話ですぅ。

と軽くまとめたものの、こういう話の構成の良さは、伊坂さんならでのもの。
やはり才能ですね~・・・ミスチルぅ。


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/982-5475ae01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)