♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
1942年パリで起きたユダヤ人一斉検挙を現代につなぐ「サラの鍵」
サラの鍵

ナチスドイツの傀儡政権下、フランス警察が13,000人以上のユダヤ人を拘束し、
アウシュビッツに送り込むという事件が実際にあったそうです。

60年後、フランス人の夫を持つパリ在住アメリカ人ジャーナリストのジュリアは、
今では知る人の少ないこの事件を取材し記事を書くことになります。


取材の過程で、ジュリアは、夫の家族の持ち物である古いアパルトマンをめぐって、
当時、両親と共に収容所に連行された10歳の少女サラを知ります。

取材にのめり込み、あくまで事実を追求しようとするジュリア。
微妙な関係にあった夫との間に決定的な亀裂ができ、
夫の家族とも気持ちがすれ違っていき…。


事実を知ってもどうしようもないことが、私たちにはいっぱいあります。
そのとき、私たちはどうしたらいいのだろう、何ができるのだろう、
と考えると無力感が募るわけですが、
「忘れないこと、伝えること」が一つの「鍵」になる、という
作者タチアナ・ド・ロネのメッセージを受け取ったように思います。
「知ったこと」だけでも読んでよかった小説でした。

60年前のサラの物語と、現在のジュリアの物語が交互に語られ、
ストーリーはとても巧みに組み立てられています。

その中で私としてはちょっと不満な点が二つ。
一つはネタばれになるので書けないのですが、もう一つはエンディング。

このハーレクインのようなラストは余計なんじゃないかなあ。
いいんだよ、2人で、またお茶してもさ。
ただ書かなくてもいいところまで書き過ぎっていう感じがするんだよねー。

読んだ方の意見が聞きたいところです。
中年でもきれいで仕事もできるジュリアへの嫉妬と言われれば、
あら、そうかしら、という気もしますけど!?


サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)
(2010/05)
タチアナ・ド ロネ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
おお、同感。
フランスの暗黒の歴史をひもときながら、
単なるセンセーショナルな作品という位置にとどまらず、

二つの時代を行き来するひねった手法で、
過酷な事実を余さず現代に伝える
すんバラしい上質の文学小説・・・!!

と思って一気に読みましたけど、

なにこの、やっすい結末。。。

書かずもがな、で、品格落とした感が否めない。
映画見たくなくなっちゃったかも。
[2011/12/19 23:30] URL | ままりん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/97-d3923747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)