♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
菅野完『日本会議の研究』(扶桑社)


新聞・雑誌によく出てくる「日本会議」って組織、何だろう? 安倍政権との関係って、どのくらいなの? 何かやばそうな事考えたり、おかしな情宣活動しているって、本当なの? というわけで、書店に並ぶ関連書のうちより、元祖本を読んでみることにしました。

日本会議と、その関連組織、もしくは上部組織に属する「一群の人々」を、著者は、「極めてファナティックな」「特殊すぎる思想で政治活動を行う」人々と定義付けています。マスコミに登場し、表立って発言を繰り返す「文化人」の名前はよく知っていますが、背後に蠢く魑魅魍魎のような黒幕やオルガナイザーの存在は初めて知りました。例えば、櫻井よしこ、百田尚樹、北岡伸一、衛藤晟一、稲田朋美、山谷えり子、高市早苗、長谷川三千子、村上正邦、椛島有三、伊藤哲夫、田久保忠衛、百地章、中島省治……このあたりの名前は、マスコミにもしばしば登場しますね。でも、皆さん、安東巖って人、知ってました?

そもそも日本会議は、谷口雅春主催の生長の家(現在の政治活動から離れた同組織とは別のものと理解)に属した学生が、70年代に左翼勢力に対抗した運動を淵源とするらしいのですが、その後の分裂・合同の歴史を経て、現在では、①日本会議・日本青年協議会(椛島グループ)、②日本政策研究センター(伊藤グループ)、③生長の家原理主義運動(中島グループ)、の各組織が活動しているそうです。特に②は、安倍晋三のシンクタンクとなって、政権運営のバックボーンとなっているとのこと。三者に共通するのは、歴史認識と従軍慰安婦問題、夫婦別姓反対、反ジェンダーフリーを掲げる保守革命。そして、まず何よりは現憲法の改正。ここでちょっと驚いたのは、彼らが望んでいるのは、9条改正より先に、緊急事態条項と家族条項の追加だっていうこと。早い話が、いざという時には全権力を政府に集められるようにしたい、家長制を徹底したいのだそうで、全権力を握ってしまえば憲法解釈なんて後でもOK。男は男らしく、女は女らしくあることを美徳とし、天皇を頂点に据えたた日本古来の伝統に還りましょう。

でも、皆さん、こうした日本会議関係組織の活動ってあまりマスコミは取り上げませんよね。昨年の安保関連法案反対運動の国会前デモや学生組織の活動なんかは、結構取り上げていましたけれど、これってマスコミの自主規制とか、組織からの圧力じゃないかと思ったりしません? 違うんですね。それもあるかもしれませんが、日本会議関係組織の運動って、民主的な地道な市民運動が基本で、話題性やニュースバリューがあまりないんです。抗議集会(デモ)は行いますが、もっぱら勉強会や陳情活動、署名集めといった、市民運動のお手本みたいな活動だけでここまで拡大し、浸透してきたのだそうです。民主主義の王道、正攻法で巨大化した組織が、民主主義の根幹を脅かす存在になっているんですね。

先日の参院選の結果をもって、運動も最終段階に入ったと思っていいでしょう(と、著者はこの結果を予測してそう書いています)。しかし、それに待ったをかけるような、突然の天皇アキヒトの生前退位を希望する発言。憲法改正と皇室典範改正の優先順序問題などが絡むと、彼らの思惑もそうは簡単に進みそうもないような……。まだまだ混沌とした状況は続きそうです。


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/954-ffca0ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)