♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
無名碑


上巻
面白いo(^_^)oそして上手い。→下巻へ
読了日:3月3日 著者:曾野綾子

下巻
とても良かった。強い小説。揶揄を含んでいても継ぐ者のいない才女の呼称は伊達ではなかった。有吉佐和子からは自分の作品までも値踏むような外向きの視線を感じたけど、曽野綾子は身の回りの生身の人間以外は視界に入れない内向きの視線を感じた。共にクソ野郎の匂いがします(ほめてます(^_^))昭和二十年代、田子倉ダム建設、三十年代、名神高速道路建設、四十年代、タイでのアジアンハイウェイの道路建設を、建設会社の社員を主人公に描いた物語。著者の本は初めて。恋愛小説として薦めてくれたおもしろ本棚の先生に感謝( ̄▽ ̄)
読了日:3月8日 著者:曾野綾子
 
☆ken_sakuraの2016年3月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2395ページ

その他の本は↓

 
■一路(上) (中公文庫)
1861年、桜田門外の変の翌年、大政奉還の6年前が舞台。浅田次郎の安定と信頼の面白さ。下巻へ(^O^)/
読了日:3月13日 著者:浅田次郎

■一路(下) (中公文庫)
面白かった。安定と信頼の浅田次郎。コメディ調参勤交代。時代は江戸時代末期徳川十四代。季節は冬の師走。美濃から江戸へ中山道♪( ´θ`)ノ
読了日:3月18日 著者:浅田次郎

■虚空遍歴 (上巻) (新潮文庫)
しっとり、良い感じ。下巻へ。
読了日:3月23日 著者:山本周五郎

■虚空遍歴 (下巻) (新潮文庫)
とても良かった。そして重かった(-_-;)この終わりは早くから想像していたのに、全く意外な終わりのようにズッシリときた。端唄の名手である主人公が浄瑠璃を志し、心から完成を願う女が寄り添う物語。容赦無し(;_;)恋愛小説という触れ込みで薦めてくれたおもしろ本棚の先生に感謝(⌒-⌒; )




スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/921-c8cae96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)