♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『カルニヴィア 3 密謀』


 
「禁忌」「誘拐」ときて「密謀」の3部作。
第一部の「禁忌(リンク)」を読んだときは
『ミレニアム』ばりに面白い!! 
とか書いちゃったけど、正直言うと、
ミレニアムの方がおもしろいけどね、て思ってた。


 
第2部の『誘拐」は・・って探してみたら、
なんと何も感想を書いてなかった。あれれ?

つまり、やっぱり『ミレニアム』の方が面白いよね
って思ってたんだわ。

しかーし!!!

ここへきて、すっかり話の筋も忘れたころ合いになって
取り掛かった第3部の、なんて面白いコトよ!!
こういうシリーズもので、1より2より3が面白いって
素晴らしいことじゃありませんか?

カルニヴィアというのは、イタリアの天才的な数学少年が作った
匿名式のSNSなんですけど、RPGみたいなものでもあり
ヴェネチアの街そのものをWeb上に描き出し、
参加者はその中を自在に歩き回れ、他者との交流を持てる。

ただし、その創始者であるダニエーレは重要人物ではあるものの
3巻を通じて、物語の中では脇役なのです。

何といっても、イタリア憲兵隊のカテリーナ大尉と
イタリア駐留米軍のホリー少尉という、
超アグレッシブな麗しき二人の女性が主役なのだから。

カテリーナは仕事も恋愛もイケイケな、チョー勝気な女性。
1巻の終わりでは、不倫相手の上司を欺き自ら関係を暴露するという
荒療治で縁を切ったのでした。
それでも、仕事場では今も仲良くタッグを組んだりするんだけどねー。

ホリーはホリーで、アメリカ軍人として祖国に忠誠を尽くしながらも
住み慣れたイタリアを故郷としている一途で情熱的な女性です。

こういう人物設定も、エンタメ要素もふんだんに盛り込みながら
実際の歴史的事件をベースにした、イタリアとアメリカの政争という
大きなテーマを軸にした壮大なミステリが繰り広げられます。

その挑戦的な創作姿勢もさることながら、
歴史や地理はもちろん、最先端のネットワーク技術に
ヴェネチアの地元料理にと、至れり尽くせりのサービス精神というか
膨大な知識をページいっぱいに次々広げるエネルギッシュな筆力に
圧倒される思いで読みました。

ストーリーも意外性に富み、登場人物にヘタな思い入れを見せず
大胆な展開でざっくざっくと斬り進んでいく潔さ。
これは圧巻の面白さでしたねー。
映像化されれば、かなりの大作になりそうです。
 
てことで、今年のベストにしようと思ってたんだけど、
ここまで書いて・・・なんだかベストでもない気がしてきた。

まだ残り1カ月。さらなるベスト本を探します。








スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/892-91d129ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)