♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
またもちょっぴり胸きゅん 朝井リョウ 「武道館」


朝井リョウ君と言えば。
早稲田在学中にデビュー、卒業後は就職して、サラリーマン生活を送りながら執筆、
ということでしたが、この春、「朝井、会社やめたってよ」となったらしい。
作家活動に専念、ということですね。



私の中では、「桐島」「少女は卒業しない」「何者」と読んできて、次の「世界地図の下
書き」は、読み始めたものの、途中で挫折。
ままりんさんが書いていたように、この人は自分の引き出しの中のものをうまく書く、
だと思います。
「少女は卒業しない」は高校生の女の子の話で、男子なのに、女の子の気持ち、
すごくうまく書いてる! と思いましたが、女子も男子も、高校生は、引き出しの中な
のでしょう。

で、新作は、いきなり、アイドルの話です。
どうなの? と不安もありつつ読み始めましたが、よかった。

タイトルからして、アイドルが主人公で、頂点を極める話?と思いましたが、ちょっと
違いますね。
いや、違わないんだけど、アイドルが武道館でのライブを目指す話ではあるんだけど。
これは女の子たちの成長物語ですね。
人は、自分で何かを選んでいかなくちゃいけないんだ、
人は何かとつながっているんだ
と自覚していく。

そして、恋愛小説でもあります。
幼なじみの、高校生同士の恋。
こういう経験は私にはなかったし、それに近いものがあったとしても、遠い遠い昔の
話。
なんだけど、なんか、胸にキュンとくる。
自宅のリビングのシーン。
自分の思い出のように、ドキドキした。
ただ(以下2行、ある意味 ネタバレ)

ここは、キスまででやめておいてもよかったんじゃないの?
と思う私は古い人間?


「少女は卒業しない」もそうだったなあ。
主人公たちと同じ経験はしていないんだけど、ああ、こういうこと、あった気がす
る…とズキンときた。
ズキンとさせるものがある。

堀江敏幸の秘蔵っ子でもあった朝井リョウ君、私にとっては最近の若手作家の中では
数少ない、新作が出たら読みたい作家。
まだ20代。
しばらくは、こんな感じでいってほしい。

アイドルの話、ということでひいちゃう大人読者もいるかと思いますが、キャッチコピー的に言えば、アイドルとか何とか関係なく、10代のみずみずしい少女たちの成長物語。
よかったー。
汚れっちまった大人にも、おすすめです。


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/857-d88cd53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)