♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
香港の甘い豆腐 (小学館文庫)


とても良かったです。どこがどう、ではありませんが、好きです(^_^)映画化して欲しい、と思いました。映像媒体でも観てみたいです。食べ物が印象に残りました。タイトルの甘い豆腐こと「豆腐花」、「黄油蟹」、四角い桃を食べてみたいです。アマ◯ンの古本で購入。本屋では見かけません。佐々木譲の「南の風にモーニン」を思い出しました。
読了日:6月24日 著者:大島真寿美

☆ken_sakuraの2015年6月の読書メーター → コチラ
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1439ページ

その他の本は↓

■春の夢 (文春文庫)
とても良かった。直球な青春小説。直球な恋愛小説。かなり恥ずかしい気持ちになってしまって、読み辛かった(褒めてますd(^_^o))最初のタイトルは「棲息」、改題されて「春の夢」になったと、解説にありました。両方のタイトルともしっくりくる物語でした。ラストはシビれました。
読了日:6月4日 著者:宮本輝

■舟を編む (光文社文庫)
安定の面白さ。本屋大賞受賞作ということなので適当に期待して読みました。著者は好きな方です。最後の方で登場人物から少し貰い泣きしました(つД`)ノ映画は上映時に観ました。映画の印象から、もっと長い物語をイメージしていましたが、300ページ超。上手な取捨の跡を感じました。登場人物達の書かれなかったエピソードがたっぷりな長い長い「舟を編む」も読みたい!、と思いました。
読了日:6月12日 著者:三浦しをん

■月光の東 (新潮文庫)
盛り下がっていく(>_<)宮本輝だから、それなりに読めるけど・・・がっかり。第1章が最も面白かった。女の登場人物が物分かりが良過ぎる、生気がない。ヒロインの米花は魅力がなくなっていく(_ _).。o○18歳で自ら愛人を志願するエピソードがピークで、その後がチマチマしていて退屈。似たところがある作品に、渡辺淳一の「阿寒に果つ」、有吉佐和子の「悪女について」、東野圭吾の「白夜行」を思い出した。「月光の東」は、随分見劣りする。ごめんなさいです。
読了日:6月19日 著者:宮本輝



スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/855-ac04865b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)