♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『異邦人』


原田マハさんの作品です。
「異邦人」は「いりびと」と読むらしい。

今回は銀座の格式ある画廊の息子と
私設美術館を所有する大企業の令嬢という夫婦が
東京と京都で繰り広げる愛憎劇になっております。
 
 
扱われるのは日本画なのですが、
衣食住すべてのシーンにおいて、『家庭画報』のページを
繰るような、美と伝統のセレブの世界が描かれ
それだけでも十分に楽しませていただきました。

物語は東日本大震災直後の東京から始まるのですが、
妊娠初期の新妻である菜穂は放射線の影響を恐れて
京都にひとり避難生活を続けています。

避難生活ったって、高級ホテルから
京都在住の高名な女流書家の邸宅に居候、
という優雅な暮らしの中で、

鋭い感性で美の価値を見極める奈穂は
画商のもとに出入りし、これはという新人作家を発掘する。

おもしろそーでしょー。

実際面白いんですよ。
もうこれは『楽園の・・』に優るヒットかもと思って
どんどんミステリアスになっていく話を読み進みましたわさ。

が。

どうしたことか、残り少なになってきたところで
謎解きがいきなり説明的に長々と語られ、
あそういうことなのふうん、えっえっそうなっちゃうの??
な、ちょっと読者は置いてけぼり、な展開になっちゃうんですよ。

こんなにも面白い題材をねぇ・・・
まあでも、やっぱり美術の話は興味深いので
読んで損はありませんが。。



 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
「奇跡の人」の前に読みました
ルオーを扱った本(タイトル忘れてます)をはじめて読んで、面白い話を書く作家だと思ったのですが、これは「登場人物全員がいけ好かない奴ら」と
そういえば謎の要も似ているか・・
[2015/07/12 14:13] URL | もと #Zf5SlywA [ 編集 ]

Re: 「奇跡の人」の前に読みました
>もとさま

『楽園のキャンパス』は面白かったですねー!
奇跡の、は未読ですが、そちらの方が話題でしょうか。
しかし、俗世間とはかけ離れた美の世界、つうのは
文字で読んでも興味をひかれます。
いま読んでる本が、とある画家のドキュメントなんですが、
まさにコレを地でいくもので、そうかそんなところで
人生を送る人々がいるんだと、しみじみしてます。
[2015/07/16 00:37] URL | ままりん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/853-ef0ea7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)