♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『火花』
火花火花
(2015/03/11)
又吉 直樹

商品詳細を見る


話題の又吉さんの初小説を、お友達に借りて読みました。

『ナオミとカナコ』 も 『狗賓童子の島』 も3日天下だったわ、
本年のベスト、こちらで決まりとしたいと思います。

 
 
 
文章は決して上手いというわけではないのです。
むしろ、書き慣れてない感じがにじみ出て、たどたどしい気さえする。
でも、そんな些末なことはどうでもいい、って気にさせるくらい

これは新しい小説でした。
 
スパークス、という漫才コンビを組んでいる「僕」が、
熱海の花火大会イベントで知り合った、先輩芸人の神谷になつかれる。

神谷は芸人の中でも殊に破天荒な人間で、普通の域を出ない「僕」は
危うさを覚えながらも、彼から受ける刺激に馴染み、徐々に惹かれていく。
夢と現実のギャップにあえぐ長い下積み生活をともに味わいながら
語り合い、癒し合う、つかず離れずの二人の関係。

と書いてしまうとそれまでなんだけど、おおかたの読者は「僕」の位置にいて、
未来の見えない日々にまとわりつく不安も焦りも孤独も、切に感じられる。
いっぽうの「神谷」は、あまりにも破滅的な天才型芸人で、
その不器用な生き方もまた、苦しいほど魅力的に描かれている。

これはもう、普遍的テーマの、混じりけない純文学なのです。
それなのに新しい。

個人的に、この感覚は宇多田ヒカルを初めて聴いたときにとても似ています。
私はそれまで日本人の作る楽曲って、どう洋楽をマネてももたついてるというか
感覚的に本物の洋楽とは異なるもので、壁は越えられないんだなってずっと思ってた。

それが「Automatic」を初めてラジオで聴いたとき、そんな壁など元からなかったように
日本語の歌詞がさらりと洋楽と融合して流れているのが、ものすごく斬新で
がつん!とヤラレタ気がしたものでした。 
(それ以後、日本の音楽もずいぶん進んだので、あの感覚はもうないんだけどね。)

私が『火花』に感じたのは、まさにそれ。
エンタメ、ライト系が主流の最近の小説の中では、「純文学」はやはりマイナー感がある。
というか、どこか昭和の香り漂うものが多いのです。

昭和の香り、とは、まさに私たちくらいまでの世代が、多感な時期に
新潮の名作100選みたいなブックリストにあった、古今東西の
『罪と罰』だとか『変身』だとか『人間失格』だとか『破戒』だとか、
ゲームもスマホもない時代、たっぷりあった時間を使ってそれらを読み、
生きる意味を求めたりしてた、あのころの思想的な香りでございます。

今や教科書にも掲載されなくなったそれらを、若い世代は読みふけることも
ないのでしょうが、それゆえに、40代、30代くらいの新しい作家が
純文学の色濃いものを書くと、どこかノスタルジックなものを感じてしまうのです。
西村賢太サンしかり、田中慎弥サンしかり。
そういうレトロなジャンルとして純文学は生き残っているような。

又吉さんもまた、自身が語るように、やはり昭和の純文学にどっぷり浸ってこられた
読書家なので、書く側に回るとどうなるのだろう、という期待と不安がありました。

ところが、彼の作品には昭和のノスタルジーなど微塵もなく
平成のど真ん中にある「純文学」が描かれているのです。
「過去」から解き放たれた、今を生きる純文学の世界。

なんでしょう、この新しさ。

ご本人はエッセイと違って文章を創作するのに苦労したとおっしゃるようですが、
実際、あちこちの表現は、けっこう苦労したんだろうな感が漂っているんですが、
根底にあるのは、とても新しい時代のベツモノだったのね、ていう。

次の作品がどうなるのかわかりませんが、生まれるべくして生まれた
ニューウエーブ純文学だったのだ、といたく感動です。

てことで、僭越ながら
「ままりん新人賞」も差し上げたいと存じます。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
どちらかと言うと。
わたしが「すてき」と思ったのは「新しさ」より「変わらなさ」かも。

時代や、年齢や、社会での立場や、あれやこれやを
果物の皮をむくようにくるんとはぎ取ったとき、
残るものは同じやなあ、みたいな思いが残りました。
それがままりんの言う「純文学」なのかな。

それを、「今」という新しい皮に上手にくるんで提示できたところが
この作品のすごさであると思いました。
才能あるよね、又吉さん。
[2015/04/15 17:03] URL | jefy #a7oJ0Vfo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/833-9a51ae06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)