♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
伊藤さんのおススメ本「お父さんと伊藤さん」。
お父さんと伊藤さんお父さんと伊藤さん
(2014/01/08)
中澤 日菜子

商品詳細を見る


当読書会の伊藤さんのすすめで読みました。
伊藤さんったらかっこよすぎです(登場人物の方ね)。

34歳書店バイトの彩さんは、
以前のバイト先の同僚だった伊藤さんバツいち54歳と暮らしています。
そこに、74歳元小学校教師のお父さんが
ころがりこんでくるところから物語は始まります。


お父さんは頑固で皮肉屋で偏屈。
いい年をしてバイト生活の伊藤さんと娘の関係を快くは思えません。
伊藤さんは「××は逃げないからね」というのが口癖のおっとりタイプ。
彩さんはお父さん似(本人は否定します)でまっすぐな性格、
ちょっと現実から逃げ気味なところがあります。

そんな3人の暮らしが平穏に続くわけはなく…。

父も息子も娘も、互いに距離のとり方がわからない。
いつも思っていることと違うことを言ってしまう。
そんなじれったい間柄に伊藤さんという他人が絡んで
少しずつ変わっていかざるをえない父子関係を中心に
次々と事件が起きて、話はくるくると展開します。

でも、基本的には、この小説は
キャラクターで読ませる小説だと思いました。
一応主人公である彩さん、お父さん、伊藤さんはもちろん、
彩さんのお兄さん、その妻、亡母の妹小夜子おばさんなど
出てくる人みんなキャラが立っています。
バイト先の同僚カンマニワさんが特に素晴らしく、
彩ちゃん同様、わたしもカンマニワさんファンになりました。

それは描き方が上手なのもあるけれど、
作者の登場人物愛が伝わってくるからだと思います。
そういう小説はとても好き。

中澤日菜子さん、次の小説も読みたいです。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/817-9eca97ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)