♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
サービス満点「「ハリー・クバート事件」。
ハリー・クバート事件 上ハリー・クバート事件 上
(2014/07/30)
ジョエル・ディケール

商品詳細を見る


翻訳ミステリーずいてます、この冬のわたし。

これは週刊文春4位、このミス6位にランクインした作品。。
たくさんの翻訳ミステリーを読んでいる
当会会員のSさんから、忘年会で貸してもらいました。


「話題のAレックスより、ゴーンGより,
実はこれが一番面白かった」というわくわくコメント付きで。

デビュー作がベストセラーになった新人作家マーカスは
2作目が書けず、恩師の国民的作家ハリーに相談。
折りもおり、ハリーの家の庭から33年前に行方不明になった
美少女ノラの白骨死体が発見されます。
マーカスは恩師の無実を信じて、事件の真相究明に乗り出しますが…。

状況は二転三転し、新たな驚愕の事実が次々明らかになるし、
ハリーも何か隠しているし、エージェントは早く本を書けとせっつくし、
母親は息子がゲイではないかとおろおろするしの、
ジェットコースターストーリーにぶるんぶるんと振り回されつつ、

恩師が教える作家としての心得リストあり、
困難な状況を超えて愛に目覚めることへの賛歌あり、
アメリカの田舎の人々のユーモラスな描写があり、
謎解き以外の部分でも、サービス精神満点な小説でした。

最近のミステリーでは定番になっている
万能ハッカーが登場しなくて、
警察もマーカスも、足と頭で謎に迫って行くところ、
昔ながらの古き良き時代のミステリーみたいで好感が持てました。

ハリー・クバート事件 下ハリー・クバート事件 下
(2014/07/30)
ジョエル・ディケール

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/813-27b4865f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)