♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『その女アレックス』
その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)
(2014/11/28)
ピエール・ルメートル

商品詳細を見る


読書会会員のT氏、S氏がともにイチオシ!という
今年度ミステリの決定打。期待違わず、

ちょーちょーちょー!!! 面白かった!!!
 

 
あ~でも、何を語ってもネタバレなので、何にも言えないのです。
これから読む人の前では、お口にチャックです。

しかーし、ちょこっとだけ言っちゃうと、
タイトル名になっている若く美しい女、アレックスが物語の主人公です。

ある夜、彼女は暴漢に襲われる。
その最初のシーンから息をもつかせぬ急急急展開!

いったい彼女はどうなるの。なぜこんな目に遭うの。
しかし犯人は、その後、なんと、ええ、そんな。
ていうか、そもそもアレックスはヤワな被害者などではないのです。

タフな身体。鋼のような精神力。タダモノではない女。
いったい彼女は何者なのか。
次々と登場するのは悪人ばかり。
そして、事件を追う身長145cmの刑事、ヴェルーヴェン。

今作はヴェルーヴェン・シリーズの第2作らしいのですけれども、
前作で最愛の妻を亡くし、失意のどん底から這い上がって
残虐な事件に取り組むヴェルーヴェンの現場復帰も大きなテーマです。

いやーもー。帯に「予想はすべて裏切られる」とある通り、
最後の最後まで一瞬たりとも気が抜けません。

このオモシロ感、大満足感は『ミレニアム』以来かも。
やっぱりミステリはこうじゃなくっちゃねー!

スプラッタ系の方も満足できるこの作品、
映画になったら、最初から最後まで衝撃の展開になること請け合いです。
スピーディーで、ストレスをかけらも残さぬミステリです。

今年じゅうに読めてよかった(●^o^●)
前作も読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/793-6fdbd4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)