♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『首折り男のための協奏曲』
首折り男のための協奏曲首折り男のための協奏曲
(2014/01/31)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


一瞬にして、狙う相手の首を折る非情な殺人鬼の男と
怪しげな探偵の黒澤が入れ替わり登場する7篇の短編集ですが、
ものすごく洗練された構成で、ヤられた感満載の、

はいっ! 今年のBest本更新ですよ!


あちこちの雑誌に書かれた個々の小説が、結果的に共通の登場人物に
貫かれ、加筆してまとまりを持たせることになったと作家の弁。
以前、雑誌で読んで絶賛させていただいた『人間らしく』も
真ん中へんに収められています。

首折り男と探偵黒澤は、死神シリーズのキャラを二つに
分けたような存在です。特に黒澤は『孤独のグルメ』の
松重さんのイメージがどんぴしゃなんですが。

世の中の不条理や、男女の気持ちの入れ違い、どこにでもあるあるな
普遍的なテーマを、例によって端的にスタイリッシュに描く伊坂さん。

7つの短編は、いずれも個性豊かな実験的小説で、
あるものは時空がねじれ、あるものは時制が過去に逆戻りする。
あるいはパラレルワールド、さらには脚本もどきのスタイルで描かれたりと、
バラバラなのに全体を貫く、揺るがない伊坂ワールドって何なんでしょう。

私は、人物の感情にこそリアリティを求めるけど、
創作物ならではの、考え抜かれた大胆なツクリモノ感は
ものすごくものすごく好きなんです。
才能豊かな小説家が魅せてくれる空想世界。

大好きだー‼︎

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/742-160756b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)