♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間』
福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
(2013/10/23)
ハッピー

商品詳細を見る


ハッピーさんは、20年以上にわたって各地の原発で
専門的な作業に従事してきた方で、3.11の震災時には
福島第一原発の1号機にいました。

以後、収束作業に携わりながらTwitterを続けるうちにフォロワーが
何万人にもなり、一連の記録としてまとめられたのがこの本です。


昨夏に出されたこの本がNHKで紹介されてから、
ずっと読みたいと思っていたのですが、今になりました。

でも、今読んでよかったのかもな。

なぜなら、原発問題はまだ廃炉への糸口さえ見えないのに、
今やニュースになることも少なくなったし、日常から遠のきつつある。
だけど改めて、最前線で処理にあたる人のリアルな思いや意見を知ることで
国民の一人として忘れてはいけないことを再度胸に刻んだから。

ハッピーさんが言うように、彼の視点もまた偏りがあるかもしれず、
全てを鵜呑みにしてはいけないのだけれども、でも
メディア発表される内容と現場の認識との乖離や、
特異な半官半民の東電の大企業体質というものを、
まざまざと知ることができました。

専門用語はわからないけれど、一昨年末に当時の政権による
ひとまずの収束宣言が出されてから作業員の危険手当も減り、
高い被曝を受けながら、今や単なる公共工事程度の給料しか
貰えなくなっていること。熟練者が被曝量を超えて退く日が近づいて
いること。コスト優先で、未経験者をとっかえひっかえする人海戦術が、
この先何十年も続けられるか不確かであること。

ハッピーさんの指摘のとおり、この収束作業を一民間企業に
任せてはいけないのだろうと思う。安全を利益との天秤に
かけることの愚かさ、危険性を見過ごしてはならないと。

国内で行き詰まった原発は海外に向かおうとしている。
そうなると請負会社の熟練作業員もまた、海外に流出する。
儲かる分野に出るのが営利企業で、収束にかけるコストは
どんどんカットされていく。

民間でありながら競合のいない東電は、値上げで黒字化し、
今また首相は国内での原発再稼働を持ち出している。

私自身は、原発に賛成か反対かというレベルではなく、
あまりにも代償の大きすぎるこの被害を見て、
やめる以外の選択はないんじゃないかと思っている。

福島は、今生きてる人間の代では収束しない。
これから生まれてくる人たちが、さらに年月をかけて
処理していくことになる。新しい技術が生まれればまた
違うけど、後ろ向きな処理への技術開発に営利企業は
お金も時間もかけられないよね。

ハッピーさんは今もTwitterを続けていて、私も
フォローさせてもらっています。
相変わらず専門用語はわからないけど、無力感は募る一方だけど、
被曝と闘いながら現場でコツコツ頑張ってくださる方々の無事を祈り、
震災の記憶を薄れさせてはいけないと肝に銘ずるのです。

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/735-317aa9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)