♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『コメントする力』
コメントする力 情報を編集×発信する技術コメントする力 情報を編集×発信する技術
(2013/10/07)
竹田 圭吾

商品詳細を見る


私は竹田圭吾さんが好きなのです。
とっても、とっても好きなのです。

その気持ちは恋愛感情に近いかも、などと
つぶやいたら、ドン引きされるけれども。
 

ワイドショーや報道番組などで、コメンテイターとして
活躍される竹田さん。

豊富な知識に裏付けられた、彼の沈着冷静な、
かつ的確で皮相的なコメントが、どこから生まれてくるのか。
この本には、竹田さん独自の情報整理術と、世の潮流に流されず
確固たる自分の判断力を持つ重要性が、大変わかりやすく書かれています。

あまりにも多くの情報がなだれ込む今の時代に
戸惑ったことのある人なら、得られるものが多くあります。

竹田さんは『News Week』の編集経験を生かして
コメントはもちろん、記事の執筆、さらにツイッターと
多様な発信ツールの活用法についても触れています。

ツイッターで竹田さんが吐く壮快な毒を楽しむ身としては
マトモすぎる気もする本書ですが、どこか話芸を極めるような
仕事への真摯な取り組み姿勢が感じられて、やはり好きだわ。

・・・・

だから身体を壊し、活動をお休みされたときは大変心配でした。
復帰されたときも、容貌がすっかり変わるほどお痩せになったのを見て
胸が痛みました。しかし軽くはなさそうな自身の病気について
多くを語らぬ姿勢も、竹田さんらしいなと思います。

本当いうと、終章はそれまでのページよりまとまりがない気がして、
やはりこれを書いていたころに体調を崩されてたのか、とか
先が長くないようなことを唐突に書き、別に病気ではないが、とあえて断るところに
死を意識した強い不安があったのか、とか あれこれ思うところもありまして。

それでも今再び、あちこちのメディアに復帰して仕事をされ、
ツイッターでも変わらず元気により強い毒を吐く竹田さんに
ちょっと安心するこのごろです。

まだまだどんどん、赤福氷を食べていっそう活躍をされますように。
一ファンとして、心から応援しているのです。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/729-9a35daec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)