♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
政治ファンタジー小説「総理の夫」。
総理の夫総理の夫
(2013/07/11)
原田 マハ

商品詳細を見る


「楽園のカンヴァス」「ジヴェルニーの食卓」で
連続直木賞候補になった原田マハさん。
こんな分野のお話も書いていたのでした。

図書館で借りたから、赤地に金文字のシンプルな表紙と思っていたら
腰巻きにはこんな漫画が…。
しかも見返しページが漫画になっている…これには見覚えが…。
そう、「舟を編む」(三浦しをん)と同じつくりです。

その印象が強かったのか、読みながら三浦さんの顔がちらつきました。

「総理」の凛子さんは何でも持ってる人です。
アメリカの大学院を出て政治系シンクタンクで働いていた頭脳明晰さ、
誰もがはっとする美しさ、小説家と学者の父母を持つ毛並みの良さ、
そして清廉でまっすぐで勤勉で理想家で優しいという人格の素晴らしさ。

「総理の夫」日和さんは鳥類学者で、実家は日本有数の大企業。
野鳥観察ができるような庭のある都心の洋館にお住まいの超お金持ちですが、
人付き合いより鳥の観察が好きで、
運命の女性と結婚できたことを心の勲章のように思っています。

凛子さんが総理として思う存分辣腕をふるえるように
自分は何ができるかを常に考えて、妻を支えたいと必死です。

物語は日和さんの日記の形で進みます。
日和さんは自分に自信のない迷ってばかりいるタイプで
決していつも盤石な体制で妻を支えられるわけではないのですが、
「妻を守りたい」気持ちだけは誰にも負けません。

凛子さんが総理に就任し、
日本初のファースト・ジェントルマンになってしまった日和さんは
どうやって妻を守る(というより足手まといにならない)のか。

政界、財界の有象無象を巧みにかわし、マスコミや世論を味方につけ、
自分のやりたいことを貫いていこうとする総理妻と夫との関係は…という物語。

ご本人がインタビューでおっしゃっているように「政治ファンタジー」です。

こんな完璧な政治家、女性はいないだろうし
よくできた夫、賢い姑、優秀な部下もなかなか難しかろう。
と思うと絵空事だらけのお話ではありますが、
たまにはいいのです、ファンタジーなんだから。

原田マハさんも書いていて楽しかったんじゃないかと思いました。

そうは言っても、マハ・ファンタジーワールドより
「楽園のカンヴァス」系をもっと読みたいと思った私なんですけれど。
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/728-d09f97df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)