♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『英子の森』
英子の森英子の森
(2014/02/10)
松田 青子

商品詳細を見る


『スタッキング可能』が鮮烈な印象を与えた
松田青子さん。あおこさん、と読むのね。

単行本の画像をUPしましたが、
私は雑誌『文藝』の方で読みました。

無機質なオフィスビルを行き来する人々を
客観的な眼で集合的に描いた前作とは違って、
今回は、二人暮らしの母と娘が主役です。

母に溺愛され、共依存する娘は、英語を唯一の武器に
自立を目指すも、いまだ非正規社員。
国際会議のレセプションのような短期仕事に応募しては
数パターンしかない英語案内を繰り返すだけの日々。

どうしてこんなことをしているのだろう。
自らが受けてきたバカ高い教育とその結果としての
現状の、コストパフォーマンスの悪さに娘は憂える。

さらにもっと嫌なのは、短期の職場のあちこちで出会う
お仲間が、皆同じように英語力だけにしがみつき
プライドを捨てない人々であること。

母と娘は、そこらじゅうに小花が舞う森の中に住んでいる。
2人だけではない。安息を求める人は誰も皆、
自分だけの森に、趣味に合った家を置いている。

リスや小鳥、森の木々、川のせせらぎと
都心の高層ビルのカンファレンスルーム。
異界?を往復する暮らしの中で、自立できない娘は喘ぐ。

適当なやっつけ仕事と恋の真似事に逃げる。
母もまた、そんな娘を案じつつ、自立を恐れている。
いつまでも森に置いておきたい、私だけの娘。

母の人生もまた、結局自分が望んだものとは
遠く隔たりのあるものになった。
そうならないように、反面教師をいくつも念頭に
おいて、一生懸命生きてきたのに。

森は彼女たちの要塞。
その鬱蒼とした世界から、いつか抜け出る日は
やってくる。そして、それからの日々は。

という、とてもファンタスティックで
前作同様、構成の大変優れた小説なのです。

それでも割と淡々と読んでしまったのは、
どうも最近の若い人の小説が、世間でよく言われる
「居場所」のない自己の否定と苦悩、脱却が
テーマになってるものが多いとあらためて気づいたからで。

今の世相から、こういう息苦しさはとてもリアルで
それゆえに上手いと思うんだけど、なんだかホントに
生きづらい時代だよなあという溜息が漏れるからです。
才能のある人は、恐ろしく多いのにね。

でも、こういう不思議な世界観で
映像作品になったものを観たい気もするなあ。
どこにも答えは見つからなくても。

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/711-208a6ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)