♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『愛を振り込む』
愛を振り込む愛を振り込む
(2013/10/24)
蛭田 亜紗子

商品詳細を見る


この方もR-18文学賞から出てきた方です。
ううむ、次々と個性的な実力派が生まれる賞ですね。

アラサー女性を主人公とする6篇が含まれたオムニバスですが、
読み進むほどに面白い、てか舌を巻く。



R-18の作家さんは、酸いも甘いも噛み分けつつある女の
負の感情を細やかに描いた作品が多いですが、
この方も上手いですねー。何と言ってもイヤな女像が。

人を羨み、ファッションも男も横取りするばかりの女。
会社の備品をくすねてオークションにかける女。
スーパーに匿名でネチネチとクレームを入れ続ける女。
ホストに入れあげ、身も心もボロボロになる女。

などなど、こう書き連ねるだけで好悪が分かれる
ところでしょうが、しかし、これが桐野夏生さんが
描くところの完成された「イヤ女」と違うのは、

奥底に可愛げがある。

どんなに暗いドン底な日々にあっても
若さゆえに許される甘さと弱さに身を包み
未来にすがろうという希望がある。

傷つけて、傷つけられても、男に媚びたりせず
自立していく彼女たちは、とてもいじらしく、
こういう小説は、やっぱりイマドキの女性作家にしか
書けないよなあ、と思います。

同じR-18出の山内マリコさんの作品も共通するテーマを
持ってるんだけど、彼女はどっちかというと清純派、
しかし、この蛭田さんは違いますよ! 王道ですよ!

性描写がどれも凄い。堂々と潔い。
ヒロイン一人ひとりの本質を描く部分として
躊躇いなく容赦なく恥部をさらけ出そうとします。

それだけでなく、スーパーの買い物額や夕食の献立、
何げない描写に的確な生活感があふれていて、
この人の持つ、手抜きを許さぬ繊細な感性が
にじみ出ていて、物語がリアルに染み込んでくるのです。

文章力には迷いもちと感じられたのですが、それも
後半にいくほどにどんどん磨かれていて、
楽しみな作家がまた一人増えたなあ、と強く思います。

表題作の短編は、おしまいの方にあるのですが、
いやはや、まさしく愛を振り込む、なのでした。
これはもう、ぜひ オススメです。
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/702-77afd924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)