♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『死神の精度』
死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


死神の浮力(リンク)』があまりにも面白かったので、
順序は逆になりましたが、シリーズ前作を読みました。
 
 
『・・浮力』は長編でしたが、こちらは短編集。

死神の千葉が、そのときどきで姿かたちを変え、
ヴァンパイアのように、人間の時制を飛び越えて
対象となる人間の生死の運命を定めにやってきます。

表題作は、貧乏くじばかり引いて生きてきた苦情処理係の女が主人公。
ほかには、近所の女の子に片思いするブティック店員のイケメン男性や
やくざの話あり、密室ミステリ仕立ての話ありと、
バラエティに富んだ、それでいてどこかがつながってたりする短編集なのですが、

正直言うと、『・・浮力』の方が圧倒的におもしろい。

でもそれは、むしろ嬉しいことでもあるのです。
なぜならば、こんな人気作家になっても昔よりおもしろいものを
書き続けられるチカラってすごいじゃないですか。

この短編集は、おもしろくないというのではないけど、
仕上がりの甘さをところどころに感じてしまうので、こちらを先に読んでいれば、
続編の『死神の浮力』は絶対読んでなかっただろうなあと。

このところの伊坂さんの作品は、何か突き抜けたものがある感じがします。
ずっと読み続けたい作家の一人と思います。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/701-58e5d272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)