♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
あと半年で人類絶滅なのに犯罪捜査する、「地上最後の刑事」。
地上最後の刑事 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)地上最後の刑事 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2013/12/06)
ベン H ウィンタース、Ben H. Winters 他

商品詳細を見る


惑星の軌道が描かれた表紙。
なぜって、半年後に小惑星が地球に衝突して
人類は全滅すると予測されている近未来が舞台だから。

ファーストフード店のトイレで首つりの死体が発見されます。
そんな終末の迫った世界では、自殺する人が後を絶たず、
誰もが自殺で片付けようとする中、
主人公ヘンリーは殺人を疑い、一人で捜査を開始します。
あこがれの刑事になって最初の殺人事件…かもしれないから。

とは言え、社会はもはや正常に機能していません。
人々は仕事を投げ出し、人生でやり残したことを追いかける者、
信仰に走る者、死に急ぐ者などが続出。

政治も法律も社会をコントロールする力を失いつつあり、
インフラは停止し、略奪、禁止薬物の横行する中、
警察機構ももはや壊滅寸前のありさまです。

それでも、心も身体もすり切れそうになりながら
捜査を続けるヘンリー。
「こんなときに殺人犯人を捕まえてどうする?」と
周囲の人も読者も思います。

でも、だんだんとヘンリーの必死さに引きずられていくのです。

とんでもない設定ではあるものの、
次第に「そうなったときに自分はどうするだろう」という
問いかけが身に迫ってきて、
いつのまにかヘンリーを応援してしまうのは作者の力でしょう。

ミステリーであり、終末小説でもあり、
最後にはちょっとカタルシスも感じられ、
何度もおいしい早川ポケミス60周年記念の1冊です。

そうそう、これ、3部作だそうです。
人類に残された時間がさらに少なくなる中、
ヘンリーはあと2件も事件を解決するのでしょうか、
ガソリンもなく、電話も通じない世界で…。

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/700-bfa0594f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)