♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
「小さくても勝てる。」と「Hard After Hard」,
hisato.jpg

Hard After Hard(ハード・アフター・ハード) かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語Hard After Hard(ハード・アフター・ハード) かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語
(2013/05/23)
大泉 実成

商品詳細を見る


続けて読んだサッカー本を並べてみました。

「小さくても勝てる」はサンフレッチェ広島のストライカー佐藤寿人本。
今年も優勝争いの真ただ中で、サンフレッチェを引っ張るキャプテンで
Jリーグ全体の選手会長。
今、キラキラ輝いているJリーガーの一人です。

「Hard After Hard」は「かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語」が
副題になっている通り、
1993年のU-17世界選手権日本大会のメンバーのその後を追いかけた
ドキュメントです。
かつて、輝いていたアスリートたちの物語。

「今」と「かつて」、「現役Jリーガー」と「元Jリーガー&元日本代表」。
対照的と言えば、対照的な2冊です。

寿人選手は、ジェフユナイテッド市原ユースから、ジェフに入団。
双子の兄の佐藤勇人とそろっての入団で話題になりました。
やんちゃな勇人に対して、まじめな寿人、
その後、セレッソ、ベガルタを経てサンフレッチェに入ります。
その間にJ2降格を2回経験し、得点王になっても代表には呼ばれなかったりと
決してスター街道をばく進した選手ではありません。

いろんなチーム、いろんな役割を経験していく中で、
どんどんいい顔になり、発言も大人になって、今やJリーグ一の人格者かも。
170cmという小柄な体も、「小さくても、勝てる。」という希望を
子どもたちに与える好材料だし。

サッカー哲学、人生論がまじめに語られる寿人本、
印象に残ったのは「双子の両方が一緒に輝くことってなかった」という事実。
今は、寿人が輝いてるから勇人は苦節の時間なんだ。
くさるな、勇人、と声援を送りながら読みました。

さて、「Hard After Hard」、
1993年のU-17世界選手権日本大会のメンバーには中田英寿、松田直樹、
宮本恒靖など、後の日本代表メンバーが顔を揃えていたのですが、
エースナンバー10を背負ったのは財前宣之でした。
3度にわたる靭帯断絶に泣かされながらも、ベガルタ、モンテディオで活躍し、
タイリーグを経由して引退した財前をはじめ、
このチームにいたアスリート数人を中心に
彼らが今何を考え、何をしているかのルポルタージュです。

Jリーガーになることなく社会人になった者、
アイドルのようにマスコミに持ち上げられながら2年でJリーグを去った者、
スター選手として名声を手に入れて第2の人生を歩む者、など
セカンドキャリアはさまざまですが、
一般人よりはるかに若いときに「次の人生」を考えることを余儀なくされる
アスリートという職業の残酷さ、だからこそのおもしろさ。

「指導者」というのが一つの選択肢です。
チームの経営スタッフという分野は今後、可能性があると思います。
コンサドーレの野々村社長に続いてほしい。

今年も引退や契約満了のニュースの季節になりました。
経済状況はまだまだ不透明ではあるけれど、
みんな、納得して迷いなく次のスタートラインに向かってほしい。
櫛野亮と中島浩司のセカンドキャリアが幸せなものになりますように(超個人的締め)。
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/683-7006d347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)