♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
警察学校怖いわ〜、「教場」。
教場教場
(2013/06/19)
長岡 弘樹

商品詳細を見る


その読書力に一目も二目を置いている元会員Tさんの
今年前半のおススメ本の一冊。

どちらかと言うと天馬トビオ氏の守備範囲なんだけど。
警察官を目指す若者たちの青春群像的ビルドゥングスロマンを
ミステリーで味付けしたという連作短編集です。

舞台は警察学校。
基本的に高圧的で封建的で教条的な教官たちと
学校で、職場で、さまざまな経験を経て
「警察官になろう」と熱い思いを持った青年たちが
訓練生活の中で引き起こす出来事、事件が描かれます。

そんな中で風間教官は凄腕の刑事らしさを垣間見せますが
ちょっと異色な存在。
何を考えているのか、何を見ているのか、
何を知っているのか…。

事件はほとんど風間教官によって解決に導かれ、
ちょっとした観察眼とちょっとした知識と推理、
警察官もそういうものが基本なのね、
と納得の結末を迎えます。

しっかし!
腐っても「警察官になろう」と思っている青年たちが
嫉妬や恐れやいじめの末とはいえ、
こんな犯罪すれすれ(犯罪そのもの?)のことしていいの!?

いくらそういう人は去らざるを得ない「篩」の役割を
果たすのが警察学校だと言われても、
現代日本警察組織に「?」と思ってしまった私です。

覚えたこと。
車のナンバー、3のぞろ目の反社会的勢力系の方が多いとか。
333など、足して9になる数字は特に好まれるそうで、
今まで私は「あ、333ナンバー見ちゃった。ラッキー」と
喜んでいたのですが、そういう方々のお車だったとは…。

職務質問のコツなど、いつか役に立つかもしれない(立つか?)
知識も得られて、有意義な読書でありました。

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/673-49458003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)