♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『あとかた』
あとかたあとかた
(2013/06/21)
千早 茜

商品詳細を見る


北上次郎氏のこの評(リンクを読んで、
そそられて読んでみました。

千早さんは小説すばる新人賞から出た方です。
受賞作は読んでないけど、同じ作品で泉鏡花賞も獲ってるそうなので
鮮度だけではなく、完成度を買われた方でもあるのでしょう。
 

 
これも流行りのオムニバスなんですが、
それぞれの短編に出てくる登場人物の一人が、次の作品で
スピンオフ的に出てきて、そのまた次の作品には違う人が・・
と鎖のようにつながっていくお話。

自分が得た生活の安定、日常に飽き足らず、
穴の空いた部分を埋め合わせるように浮気をしたり
家出をしたり、という、これまたよくあるテーマではあるのです。
よく知らない人と、特別な恋愛感情もなく寝ることにハードルの低い人びと。

が、それがありきたりでないのは、作家の細やかな感性というもので
いたるところに、はっと心を掴まれる描写があって
共感するというよりも、その繊細さに感心してしまうのです。

全体的には、6篇あるうちの前半3作の方が優れていて
より作者の実感に近い部分なのだろうなという気はします。
後半3作は、一つの作品としてまとめるために苦慮した跡が
ちとうかがえる。特にラストの作品は。

そこがチョイ惜しい気もするけど、しっとりとした心の痛みを
丁寧に描く方なので、次の作品も読んでみたいと思います。

・・・で、あらためて北上氏の書評を読むと、
あらー松本くんにピンポイントかー。そこかー。

確かに、若くして苦労人の松本くんには幸せになってほしいけどね。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/652-cb6b35ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)