♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『たまさか人形堂それから』
たまさか人形堂それからたまさか人形堂それから
(2013/05/24)
津原 泰水

商品詳細を見る


多彩な作品を書かれる津原さんの今作は、シリーズものの第2作らしいのですが
1作目は読んでいないワタクシも、十二分に楽しめたライトミステリです。
 

 
「たまさか」は古い人形店の屋号です。
ヒロインは、たった一人の跡取り娘の澪。妙齢の独身女性です。

店にいる職人の一人、冨永クンは澪より一回り年下の毒舌家。
たまさか人形堂の経営権を半分持つ資産家のボンである彼は、
心の病と闘った末に人形マニアとなった経緯があり、独特の審美眼と感性で
テディベアやオリジナルの縫いぐるみを制作しています。

さらにベテラン職人の師村さんもまた、名人級の技量を持ちながら
ワケあって場末の店の奥でひっそりと仕事を続ける方。
ほかには出入りの同業者、ラヴドール=ダッチワイフメーカーの束前さん。

ワケもクセもありありな彼らとともに、細々店を営む澪のもとには
リカちゃんから市松人形、ヴィスクドール、マネキンまで
ありとあらゆる人形修理の案件が、ちょっとしたミステリを伴って持ち込まれます。

そうなんです、これは『ビブリア古書堂・・』やら『タレーラン・・』が代表的なヒットを飛ばす
今や有象無象のウンチク系ライトミステリ、の一種なのでございます。

しかし、往々にしてそれらの登場人物が極端にキャラクタライズされて
ともすれば人間味を失い、単にコード化されてしまうのとは違って、

さすがは津原さん。多岐にわたる人形制作の奥義についての語りも豊富で
登場人物の博識ぶりについつい引き込まれてしまう。
さらには、それぞれ過去を抱える人びとの心の奥深くも
おいそれとは明かさぬまま、ただ読者の関心を惹きつける。

エンタメ系でありながら奥行きのある物語なのです。
メーカーのタカラ、四谷シモンさん、ラヴドール製作者と多方面の協力を得て
なおかつ自身も制作に取り組んだという作家の強い意志を感じます。

第1作めは文庫になってるようなので
これはもう、近いうちに読んでみたいと思います。
 
たまさか人形堂物語 (文春文庫)たまさか人形堂物語 (文春文庫)
(2011/08/04)
津原 泰水

商品詳細を見る

 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/624-5420d430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)