♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること 』
アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること (新潮クレスト・ブックス)アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること (新潮クレスト・ブックス)
(2013/03/29)
ネイサン イングランダー

商品詳細を見る


以前、『通訳ダニエル・シュタイン』を読んだとき、知識不足はもとより
ユダヤ人を取り巻く民族感情が実感としてほど遠く、
我ながら情けないほど理解できなかったので、この本も読めないかもなあ、
なんてページをめくり始めたのでしたが、

読むほどにじんわりと心に沁みる8つの短編集でした。
今年はホント、洋モノのヒット率が高い。
 

 
米国NY州で敬虔なユダヤ教徒として育った ’70年生まれの作家は
学生時代にイスラエルを旅したのがきっかけで棄教し、小説を書き始めたのだそう。

表題作となっている一作目は、久しぶりに会うユダヤ系の夫婦2組が
互いの信仰心の温度差から初めはギクシャクするも、酒と大麻でハイになり、
ユダヤ人ならではの、よくやるブラックな「もしも」ゲームを始めてしまう。
「もしまたホロコーストが起こったら、誰が匿ってくれるだろうか」
隣人、知人の一人ひとりをまな板にのせ、ゲームはついに核心に迫る。
「この人は私を匿ってくれるかしら」
夫と妻は、互いの沈黙に揺るがない答えを見出して愕然とする。
このひとは、私を匿ってくれるひとではないのだと。

ほかに印象に残ったのは『覗き見ショー』。
大物弁護士として成功した男が、客引きに誘われ、いかがわしいショーの客となる。
スポットを浴びる舞台。女の裸体に激しくそそられて、彼の肉体は反応する。
すると彼を厳しく指導したラビや母親が舞台に現れ、男の意識を縛り上げる。
妄想に苛まれる男はいつしか自分がステージに上がって見世物となる。
それでも彼の下賎な欲望は静まることを知らない。

そして『母方の親族について僕が知っているすべてのこと』
育った背景が異なる彼女に責められ、「僕」は出自を、知っているかぎりの
事柄すべてを、断片的に整理する。散文詩のような文体に、
ユダヤ人としての自分の歴史を、流れる血を語り続ける。
でもそんなことはどうでもいい。問題は、彼女に振られたことなんだ。
愛する恋人を失ったつらさに、今は負けてしまいそうなんだ。

・・・・・・・

「すみずみまでユダヤ人を描きながら、どこまでも普遍的」
と帯にあるとおり、他の数篇も含め、描かれるのは人として根源的な感情です。
誰もが人生のところどころで感じる愛の切なさを、老いの哀しみを
切々と語りかける文章が、読むほどにどんどん心に染み入ってくる。
ユダヤ人であることが、それをより複雑に、より深いものに
しているのだとしても、それが一番の問題なのではないのだと。

人はそれぞれに違う課題を抱えている。
個人でいえば能力の有無、美醜、家の格など生まれついてのもの、
集団では、職業の貴賎、謂れ無い差別など、今なおはびこる社会通念でしょうか。

誰ひとり、まったく同じ立ち位置の人間はいない。
綺麗事は言えても、自分とは違うもの、他者の苦悩を理解するのは難しい。
もちろん知らないことを勉強して知識を深めることは大切だけれど、
違う部分を理解しようとするより、同じ部分を知ることが、
その距離をぐっと縮めるのではないかという気が強くして。

『アンネの日記』が、あれほど多くの人の心をとらえたのは、
幼い少女の視点に共感し、感情移入できたからなのでしょう。

この本の一篇、『キャンプ・サンダウン』は、認知症の老人たちを集めた
短期間のキャンプで、彼らの無謀な行動や争いごとに頭を悩ます指導者の物語。
老人たちはそれぞれの頑固な記憶で、過去の凄惨な体験を
今に引きずり、生き延びた敵を暴力的な思考で排除しようとします。

真実というものはあやふやで、一人ひとりの胸にある。
ならば、共有できる感情を探したいと思うのです。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/600-6bc602ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)