♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『夜の国のクーパー』
夜の国のクーパー夜の国のクーパー
(2012/05/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


昨年夏に出たこの作品は、
書き下ろし長編としては10作目とのこと。

読み終えて、海外の某名作古典を思い出させる
完全ファンタジーです。
 
 
妻の浮気が発覚し、心を鎮めるためにひとり釣り船で海に出た、
仙台在住の地方公務員の男。

小舟は荒れ海で転覆し、気づけば男は見知らぬ地の浜辺に横たわり、
トムという、言葉を解する猫に見下ろされていた。

男はトムが住む小国と隣接する大国の争いごとを聞かされ、
小国が今まさに滅亡の危機を迎えていることを知る。

・・・・

というところから始まる壮大な物語なんですが、
読み始めは、村上春樹さんのような作風を感じてました。
いや、前から「ポスト村上」と私は思っているんですが。

トムの仲間たちは、シリアスな場でも欠伸をし、毛づくろいをしてしまうという
猫らしい生態を保ちつつ、鼠たちとの共存共栄という目先の課題に直面し、

その一方で、人間社会の目撃者として、あるいは同じ地の生息者として
彼らの戦の動きを見守り、真実を追求し、平和を守ろうとします。

異世界から来た気の小さい地方公務員は
トムの話から知り得たことをもとに、自らも行動を起こそうと立ち上がってゆくのです。

・・・・

相変わらずスマートな文体で、するりと読者を引き込む伊坂さん。
確立された「伊坂ワールド」には、すごい数の固定ファンがついてるゆえに
新作への期待度が高く、評価基準は相当厳しいものがあると思うのですが、

こういう感覚、いつもいつも思うことながら やはり
ミスチルに似ている。と私は思う。

うーん、なぜだろう。ファン層の世代の広さ、ボリュームだけじゃなく、
スタイリッシュな構えで、社会風刺をまじえたり、人間の根幹にあるものを
さりげなくテーマに据えて、ストレートに描いてしまう、からか。

この物語に出てくる、さまざまな争いごとと解決策は、
実際の人間社会への風刺であり、問題提起なんだろう。

でもそれは読後感を重くするものではない。
伊坂ファンとしては、それがいいとこなんだな。

どっかーんとくる感動とかナミダとか、そんな泥臭さはないままに、
また次もきっと読んでしまうんだよな。

そしてまた、他の作品とこんがらがって、曖昧な記憶の中に
しまわれてしまうんだろうなあ。
 
スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
文庫版を読んだ!
久しぶりに読みました、伊坂幸太郎。
相変わらず、引っ張り込むよなあ、と思いながら。

今回、「ありゃ?」と思ったことが一つあります。

伊坂さんの小説って、悪者、悪役、敵役に優しいのに、
この作品では、悪いヤツに情けをかけてないなあということ。

ファンタジーだから、わかりやすく図式化したかったのでしょうか。
この後の作品を読んでいないので、
幸太郎が変わってしまったのか、変わっていないのかが気になります。

下敷きになっているっぽい古典名作をこの夏読みました。

幸太郎さんは、古典のどぎつさ、あざとさをきれいに拭い取り、
洗練された作品に仕上げているお手並みは素晴らしい。
でも、あのギザギザ、ひりひりした読後感は、
さらさら伊坂ワールドより心にひっかかって残っています。
[2015/11/05 16:40] URL | jefy #a7oJ0Vfo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/570-1c09e822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「夜の国のクーパー」伊坂幸太郎

この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない――。これは猫と戦争と、そして何より、世界の理のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお...
[2014/01/11 14:47] 粋な提案