♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『和菓子のアン』
和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)
(2012/10/11)
坂木 司

商品詳細を見る

 
面白かったと思う。和菓子は好きです。水羊羹、大福、桜餅、柏餅辺りが精々なので、
作中の和菓子はさっぱりです。でも、美味しそうでした。和菓子を食べたくなりました。

題材の和菓子や舞台のデパ地下の見せ方や業界隠語の種明かしとかは
とても上手で面白かったです。ただ、日常の謎は食傷気味。
登場人物が全員善意の人というのは奥行きに欠けてキツかったです。

☆ken_sakuraの2012年12月の読書メーター → コチラ
  読んだ本の数:6冊
  読んだページ数:2209ページ
  ナイス数:60ナイス
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

期待通りで面白かったです。あったかい気持ちになれました。
ぜひシリーズ化・映像化して欲しいです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
[2013/03/08 17:23] URL | 藍色 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/541-c8b55452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「和菓子のアン」坂木司

やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起。デパ地下の和菓子屋で働きはじめた。プロフェッショナルだけど個性...
[2013/03/08 17:00] 粋な提案