♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
大久達朗監修『ディスク・コレクション 日本の女性アイドル』
日本の女性アイドル (ディスク・コレクション)日本の女性アイドル (ディスク・コレクション)
(2012/09/26)
大久 達朗

商品詳細を見る


これは凄い本です。何が凄いって、「女性アイドル」についてここまで徹底して調べ上げた本は、
いまだかつてなかったのではないでしょうか。
この本を、驚嘆すべき労作、と絶賛するか、酔狂の極致、とあきれるかは人それぞれでしょうが、
70年代から90年代にかけて世に出た女性アイドル400人あまりを網羅した図鑑としての評価は
ゆるぎないものです。おそらくは、今後、これ以上の内容をもった類似本が作られることはまずないでしょう。
他人からは、バカらしいこと、くだらないことに見えることかもしれませんが、
何事でもすべてを網羅して系統立てる作業は、とっても大事な有意義なことだと思っています。



辞典・図鑑形式で50音順に配列されたアイドルには、一人ずつ代表アルバムの写真が収録曲とあわせて
掲載されています。このジャケット写真を見ているだけで、涙ちょちょぎれる思いでいっぱいです。
ほとんどのジャケットは、カメラに向かって微笑むアイドルのアップの写真。
ああ、こんな娘もいたなぁ。この娘、好きだったなぁ。この娘、すっかり変わっちゃたなぁ。
懐かしさがこみ上げてきます。毎週、「スター誕生!」や「紅白歌のベストテン」「レッツゴー、ヤング」を、
眼光紙背に徹すの姿勢で観ていたあの頃のぼく……。

加えて、アルバムのレーベルや発売年(それもオリジナル盤の)、アイドルのデビュー年といった
情報も記されていますので、資料集としても役に立ちますし、アルバムを集める際にも重宝することでしょう。
また、数人の執筆者が思い入れたっぷりで書いているアイドル解説が素晴らしい。
「アイドル愛」あふれる筆致、ウンチクいっぱいの内容に、これまた涙ちょちょぎれる思いでいっぱいです。

お恥ずかしい話しですが、まだ若く性に目覚め始めたばかりのぼくは、
この本に掲載されているアイドルたちを、何度、頭の中で弄んだことでしょうか。
夜な夜な暗い炎に脳を灼かれ、刹那の快楽に身をゆだね、欲情のおもむくまま、
妄想の中で伊藤蘭をはだかに剥き、木之内みどりを組み敷き、倉田まり子を縛り上げ……。
そして、背徳的とも思われる行為の果てに、虚空に向かって放たれた精のほとばしり――あの頃の自分を、
今は若干の後ろめたさと含羞の思いで、懐かしく感じています。

濡れた草場にかくれて
僕の くりかへした
さまざまの 窮屈な姿勢は
何とみじめにこころよかったことか

誰からも見られてゐない確信と
やがて 悔いへの誘ひと――
その時 真昼が
匂ふやうであつた
(立原道造「孤独の日の真昼」より)


というわけで、お世話になったお礼と感謝の念ををこめて、
以下に、ぼくの大好きだったアイドルの皆さんを、
一言二言のコメントと忘れられない楽曲を付してご紹介させていただきます。

秋ひとみ「歌は覚えていないけれど、圧倒的美人アイドル」
アグネス・チャン
「広い額に真ん中分けのロングヘアー、白いハイソックス。♪白いくつ下は似合わないbyユーミン」

麻丘めぐみ「モデル→歌手の元祖。♪芽ばえ」
朝倉理恵「清楚なお姉さん。♪さよなら、今日は」
浅田美代子「冗談じゃなく本当に可愛かった(その1)。♪赤い風船」
あべ静江「憧れのお姉さん。♪みずいろの手紙」

岩崎宏美「圧倒的歌唱力。♪思秋期」
太田裕美
「こうなりたかった、こうなることもできたはずのキャンパスライフ。一生ついていきます。♪君と歩いた青春」
大場久美子「妹にしたかった。歌はどうでもいいです」

岡田奈々「実家は養蜂業。♪青春の坂道」
荻野目洋子「オギノメちゃん。♪北風のキャロル」
金井夕子「ニューミュージックへの橋渡し。♪パステル・ラヴ」

北原佐和子「映画〈夏の秘密〉。ヌード写真集、持ってます」
北村優子「青春テレビラマの女子高校生役。♪若草のデート」
木之内みどり「冗談じゃなく本当に可愛かった(その2)。女性アイドルの最終兵器。♪横浜いれぶん」
キャンディーズ「絶対的アイドル。表向き蘭派、実は美樹派。♪微笑がえし」

倉田まり子「歌唱力、美貌兼備の正統派。♪グラジュエイション」
小林麻美「いいとこのお嬢さん的スレンダー美人。♪初恋のメロディー」
しのづかまゆみ「スタ誕始まって以来の歌唱力。♪パパはもうれつ」

辻沢杏子「美形アイドルの決定版。ヌード写真集、持ってます」
中森明菜「聖子より明菜。♪セカンド・ラブ」
原田知世「初恋の人にそっくり。映画〈時をかける少女〉」

三木聖子「テレビ〈悪魔のようなあいつ〉。♪まちぶせbyユーミン」
南沙織「一人の女性の成長をみつめ、人生を追体験さえる楽曲群。♪色づく街」
山口百恵「アイドル進化論の極北。♪横須賀ストーリー」

吉沢京子「岡崎友紀派と吉沢京子派がいました。映画〈父ちゃんのポーが聞こえる〉」
ribbon「三人娘の一人は永作博美」
リリーズ「冗談じゃなく本当に可愛かった(その3)。ミニスカートにロングブーツ。♪好きよキャプテン」

最後に、アイドル道を極めんとする同好の士に、本書より至言となる一言を。

「アイドル歌謡の真髄とは、経年とともに変わる少女の瞬間を切り取った『永遠の自己紹介』である」

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/517-a7d1f413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)