♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『99%対1% アメリカ格差ウォーズ』
99%対1% アメリカ格差ウォーズ99%対1% アメリカ格差ウォーズ
(2012/09/20)
町山 智浩

商品詳細を見る


何かと話題の映画評論家・コラムニスト
町山さんが解説する 現代アメリカの実情と問題、です。

大変興味深い本でした。
 
 
その内容は、

アメリカでは、メディアの中立性などありえない。
過激な報道やカネによる世論誘導があたりまえの国の実情をレポート。

●ティーパーティーを操る石油化学産業の帝王とは?
●全米最大ニュース局に君臨する世論操作の達人とは?
●最も信頼できるニュースキャスターに選ばれたお笑い芸人とは?
●ハゲタカファンド出身の大統領候補ロムニーの本性とは?
●「アラブの春はオバマの陰謀」と叫んだ“泣き虫扇動家”とは?
●アメリカをデフォルトさせようとしたキリスト教保守議員とは?


うまく説明できないので、講談社からまるごとコピペさせていただきました。

そうなんです。

そういう本です。

アメリカのこと、なんにもわかってないわね、あたし。
てことを しみじみと自覚できる目ウロコ本でした。

共和党が力を入れる「ティーパーティ」は、どんな人が
どういう趣旨でやってるものなのか。
公的医療保険の導入に積極的な、オバマ率いる民主党、
富裕層が既得権の確保に躍起となって絶対的に支持する共和党。

ブッシュ政権の失敗以来、アメリカの困窮ぶりは加速し
今や「中流階級」のいない、極端な富を持つ1%の人々と
残り99%の貧民が暮らす構造の大国になっている。

数多くの州は、それぞれ独立意識が強く
広大すぎて、一つのまとまりを持てない国家。

こんな国で大統領選に勝つには、なりふり構わず
対立候補を陥れる誹謗中傷、ヤラセもでっち上げもアリのCMを
金に飽かせてめちゃ打ちすることが最も効果的、らしい。
モルモン教の大富豪、ロムニーさんの底力もそこにある。

週刊朝日の「ハシシタ」記事にしろ、原発ネタでGK川島を皮肉った
フランス国営テレビにしろ、「それってありえない」と思う日本人は、
なんて行儀がいいんだろうと、国民意識と教育の差をひしひしと感じました。

マニフェストには、ゲイや中絶の賛否、人種差別の可否までもが
含まれる国。年々有色人種率が高まる中で、今もはびこる白人至上主義。
さらに狂信的な信者も現る、宗教上のさまざまな派閥。

折しもロムニー>オバマの、共和党優勢のニュースを聞いて、
暗鬱な気分になったのでありました。

実はもう1冊、新刊の町山本に着手。
竹田圭吾さんのブログも読んでみるかなあ。
 

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/504-33394dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)