♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
古野まほろ『復活 ポロネーズ第五十六番』
復活: ポロネーズ 第五十六番復活: ポロネーズ 第五十六番
(2012/08/22)
古野 まほろ

商品詳細を見る


近未来小説というか、ディストピア小説というか、
まあ、おも本メンバーは読まないような小説なんだけど……。



のちに〈日本肺壊死ウィルス〉と名づけられる原因不明のウィルスで多くの日本人が死亡する。
中国人民解放軍の進駐を許し、中国共産党の支配下に置かれ、
日本自治区という美名のもと属国化した日本。
サヴァン症候群に似た超人的な記憶力を持つ主人公の少年は、同じく特殊能力を持つ少女とともに、
生きた〈暗号解読ソフト〉として乾坤一擲の日本復活の作戦に参加していく……。

ここで描かれる中国支配下の日本の状況描写が凄まじい。中国が日本に求めたものは、
〈資源〉と〈労働力〉。前者は、急速に砂漠化する中国大陸を救うための〈ミズ〉。
後者は、小器用な日本人そのものの〈ヒト〉。日本中の水資源が中国に送り出され、
水田はすべて小麦畑になっている。大量の日本人が中国に〈輸出〉され、
日本語を奪われ日本に残った人々も進駐してきた中国人の奴隷となって、ともに劣悪な環境化、
最低限の生活を強いられる。ここで奴隷と書いたのは、基本的には間違いで、
日本人は〈家畜〉として位置づけされている(家畜は〈労働力〉であるとともに、〈食用〉でもあるのだ)。
靖国神社と京都御所が、産業廃棄物のゴミ捨て場となっていたり、垂れ流しの毒性廃棄物で
神田川がショッキングピンクになっている描写など衝撃的。
とにかく、中国は徹底的な悪人として描かれている。

履歴を見ると、作者は東京大学卒業後、リヨン大学で修士課程を修了した頭のよい人のようだ。
そのせいか、文章は自分流のひとりよがりのスタイルで、読みにくいことこのうえない。
小説とは人に読んでもらうもの、という作者が持たなければならない基本的なサービス精神が
欠如しているようだ。ストーリーもけっこうご都合主義で、ラストのどんでん返しも
できそこないの映画007みたいなチープな感じ。作者の政治的スタンスはよく知らないが、
天皇トクヒトを擁しイギリスに亡命政権を樹立している日本首相が〈鴨神〉、
日本自治区人民政府の主席(もちろん飾り物)が、元社会党党首の〈神保瑞穂〉、中国に認められた、
洗足に非難していた女系天皇が〈真砂子さま〉、中国の進駐を熱望した東京都知事が、
平和活動家上がりの〈辻本純子〉、元は探偵小説家でレジスタンスの〈朝香宮朝香〉、
などなどそれが誰のパロディかすぐにわかるところもご愛嬌か。

知識として役に立ったのは、ポロネーズの意味が「ポーランド風の」だということ。
それから、世界史上でも稀な被支配国家ポーランドの国歌の一節が、
「侵略者の強姦せしものを/我らその血潮にて贖わしめん」だということ。

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/495-ba22b341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)