♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『第2図書係補佐』
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
(2011/11/23)
又吉 直樹

商品詳細を見る


ピースの又吉さんは
ステキな読書家です。
 

 
この本は、思春期の頃からハンパない読書量を積んできた又吉さんが
ヨシモトホールで出してるフリーペーパーに執筆した書評エッセイをベースに
書下ろし数篇を合わせた1冊です。

全部で47冊の本が紹介されていますが、書評といっても
本そのものに直接言及するのはほんの数行だけ。
基本は彼が自身の来し方を振り返るエッセイなのですが、

読みようによっちゃ、彼が得意とする「モノボケ」のように
本をネタにした一発文芸に挑んでいるようにも見える。

そのくらい、又吉さんの文章はウケをねらったサービス精神に富み、
(そこはスベりたくない芸人のあざとさ、勝負魂も感じさせる)

それでいて、長年本を読み続けた人の思いの深みとペーソスに満ちていて、
さりげなくも鋭く描かれる真理に、時にどきりとさせられる。

何よりすごいところは、
写真と数行の粗筋だけで、ほとんど紹介されない本たちを
どれも「読みたい」と思わせてしまうこと。

ある意味、ものすごい営業力のある書評というべきかもしれません。

紹介された本の中で、私が読みたい、再読したいと思ったものを挙げると、

『夫婦善哉』 織田作之助
『万延元年のフットボール』 大江健三郎
『赤目四十八滝心中未遂』 車谷長吉
『何もかも憂鬱な夜に』 中村文則
『世界音痴』 種村弘
『エロ事師たち』 野坂昭如
『ヴィヨンの妻』 太宰治
『月の砂漠をさばさばと』 北村薫
『香水』 パトリック・ジュースキント
『イニシエーション・ラブ』 乾くるみ
『山月記』 中島敦
『アラビアの夜の種族』 古川日出男
『四十日と四十夜のメルヘン』 青木淳悟
『笙野頼子三冠小説集』 笙野頼子
『逃亡くそたわけ』 絲山秋子
『友達』 安部公房
『宇田川心中』 小林恭二


巻末には中村文則さんとの対談も収載されています。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/469-2c77e048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)