♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『ルーズヴェルト・ゲーム』
ルーズヴェルト・ゲームルーズヴェルト・ゲーム
(2012/02/22)
池井戸 潤

商品詳細を見る

 
直木賞作家、池井戸潤さんの作品です。

今回は、精密機器メーカーの
社会人野球をテーマにしています。 
 

 
文章も会話も、決して気が利いてるとはいえないし、
ベタなエンタメっちゃ、確かにベタなんですが、

やっぱり面白いですねー。この方の小説は。

未上場の中堅電子部品メーカー・青島製作所は、
高度な開発技術力を誇りつつも、昨今の不況下でご多分にもれず、
大口取引先からは生産調整とコストダウンを突きつけられ、メインバンクには
融資を渋られて、大規模なリストラを断行せざるを得ない苦境に立たされている。

創業者のテコ入れで作られた歴史ある野球部も成績は振るわず、
コストカットの槍玉に挙げられて、廃部の危機に瀕している。

銀行マン出身という自身の経歴を活かした、池井戸さん得意の企業小説ですが、

創業者の会長、企業コンサルティングを経て就任した遣手の社長、
古参の経理畑上がりの専務、先見性を持つ大株主のビジネスウーマン、
頑固な職人気質の開発部長、そして野球部関係者と選手たち。

これに対する悪役として登場する、ライバル企業とその野球部。

いずれの人物もキャラが立ち、わかりやすい設定で
一種の勧善懲悪ストーリーが展開されていきます。

本業でも野球でもライバル企業と火花を散らしつつ、
青島製作所は、唯一にして最大の武器、開発力と強い信念を持って
理想の姿たらんと、苦難の道を切り開いていく。
汗と涙の熱い感動のドラマなのです。

単純ちゃーそうなんですが、落としどころ、泣かせどころが的確。
ぐんぐん読ませて きっちり充実感が得られる構成で、
常に読者が望む水準を満たしてくれる作家さんだと思います。

ましてや今のご時世、経営者側と社員側 どちらの立場にあっても
身につまされて共感を得る読者は多いのではないでしょうか。
 
そのうちドラマにも映画にもなるでしょうが、
ううむ、沖原投手には、窪田正孝クンはどうだろう。
 
・・・・

タイトルになってる「ルーズヴェルト・ゲーム」とは、
フランクリン・ルーズヴェルト大統領が、いちばん面白いゲームは
「八対七」の勝負といったことに基づくものだそうで、
野球はもちろん、ビジネスの正念場にも この心構えが生かされます。

あら、ほとんどネタバレですが、

まあ筋は最初からわかるので、そこに行き着くまでの熱い男たちの感動を
どっぷり味わうことが、この小説の醍醐味と思います。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/422-be58599a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)