♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
中田永一  『くちびるに歌を』
くちびるに歌をくちびるに歌を
(2011/11/24)
中田 永一

商品詳細を見る

 
まずは何と言ってもサクセス・ストーリーでないところがいい。
地方の中学校の合唱部がNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)を目指す話と聞けば、
「ああ……」と早合点するする人も多いと思うが、本書はいい意味でその期待を裏切る。
 

 
そう、本書はずばり少年少女の成長小説である。
物語全編を貫くモチーフは、作中、Nコンの課題曲ともなっている
アンジェラ・アキの「手紙~拝啓十五の君へ~」。
章の冒頭や、物語の転換点に挟み込まれた、15年後の自分にあてた
登場人物それぞれの手紙が生きている。悩みや秘密や希望や夢……うそ偽りのない独白を、
15年後の君たちはどこでどんな環境で読むのだろうか。

自閉症の兄アキオの世話をしているサトル。
友人もなく一日中口を開くこともない「ぼっち状態」に慣れっこで、
自分は両親が兄の世話をさせるためにつくった子どもだと思い込んでいる。

合唱部でアルト担当のナズナ。
母を病気で失い、父も愛人をつくって家を出てしまっている。
極端な男性不信に陥ったまま、祖父母と暮らしている。

物語は、このけっして恵まれた家庭環境にあるとは言えない
二人の中学三年生交互の視点で描かれている。

産休に入った合唱部顧問の代替教師として、友人の柏木先生が東京から赴任してくる。
美人で都会的センスにあふれる彼女目当てに、女所帯の合唱部に男子が続々と入部してくる。
このあたりの展開は、映画「ウォーター・ボーイズ」に似ていることもない。
女の園だった合唱部は、男子部員の闖入で大きく揺れ動く。幼い恋の駆け引きや、
男女間のいさかい、クラブ内に生まれた亀裂と和解……。
それぞれのエピソードで、部員たちがいい味を出している。

銀縁メガネの部長で指揮担当のエリ。
ソプラノ担当の美少女コトミ。エリに思いを寄せるナズナの幼なじみケイスケ。
長崎の五島地方の方言丸出しでの彼らの会話がいい。
あったかくて、ユーモアがあって、ゆるやかに流れていく地方の中学校生活にはぴったりだ。
でも、近い将来、彼らの多くは島を離れ、柏木先生のような標準語を話す大人になっていくのだろう。
だからこそ、島言葉で話すことができるこの限られた時間は、たまらなく愛おしい。

もう一度、書いておこう。この物語はサクセス・ストーリーでないところがいい。
練習の成果を発揮して地方大会を勝ち抜き、Nコンに駒を進められるかなんてどうでもいことなのだ。
たしかに地方大会での合唱の場面で描かれた部員たちの姿――緊張し、
それでも前の顧問から教えられた「くちびるに歌を持て、ほがらかな調子で」を忘れずに、
笑顔で歌いきったその描写は感動的だ。涙腺を刺激する。
だけど――本当に最高の「合唱」は、そのあとにやってくる。

人はなぜ歌うのか、人は誰のために歌うのか……音楽とは何なのか、歌の力とは何なのか。

自閉症のアキオただ一人のために、ナズナとコトミとサトルがアカペラで歌い始める。
体の奥から自然にあふれ出てくる音楽を声に変えて……。
くじけそうになるナズナを支えるのは、名前も知らない他校の合唱部員たち。
自然発生的に始まる「合唱」は、アキオの記憶を刺激して、一つの言葉を口にさせる。
そして、その言葉は、奇跡のように
ナズナが忘れかけていた幼い頃の母との日々を思い出させるのだ……。

エピローグ。
卒業式の終わったあとの音楽室で、部員たちは東京に帰る柏木先生のためにサプライズの合唱をする。
そこには無事に生まれた赤ちゃんも、前の顧問に抱かれている。
そう、もう一度、この物語を貫くモチーフに思いをいたそう。
アンジェラ・アキの「手紙~拝啓十五の君へ~」。15年後の自分たちにあてた手紙を書いたのは、
今まさに十五歳の部員たち。そして、彼らが手紙を読む15年後、生まれたばかりの赤ちゃんは、
今の部員たちと同じ十五歳になっている。人は変わる。でも人は変わらない。
バトンは受け継がれ、松明は引き継がれる。
合唱部の少年、少女が成長していくことを暗示させるとともに、新たな命もまた
成長していくであろうことをも想起させる、これは近来稀に見る感動的なエンディングである。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/416-4ff194c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)