♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
1Q84 BOOK 3
1Q

1Q84について書くのは勇気が要るなあ。

この本の書評は山ほどWebにUPされてると思うので
それに負けじと肩肘張っても仕方がないし、
思い迷ったことを正直に書くことにします。



これまでも 私は村上春樹作品がとても好きだったのですが、
もちろんこの作品を「好き」とか「面白い」とか、一言でくくることはできません。

「駄作」なのか「今年のマイベスト」なのか
それさえも判断できない、というのが読んだ直後の感想。

月が2つ空に浮かぶ、1984年のパラレルワールド「1Q84」で、
非現実的な事柄が次々と起こり、人々が混沌の中に向かう。

Book1と2は、ただその謎が解き明かされる期待と、
天吾と青豆の再会、すなわち時代錯誤ともいえるような、
プラトニックな初恋の成就への期待で読み上げた、
というのが正直なところ。

そして3で迎えた結末は(いや、結末ならばあまりにも暗示的だし、
続編があるのなら、それは未来への希望なのか、破滅なのかわからない)
「ご都合主義」といえなくもなく、「奇想天外」といえなくもない。

つまり、私はこの本が、作者の意図するところが、本質的に
わかっているのかどうかがわからないから、落ち着かないんです。

文体、人物設定、物語の構造は、村上春樹氏の思想世界に築かれた
確固たる哲学的概念の上に、緻密に計算されて成り立っているのだと
思うのですが、それが読者として対等に勝負できてるという自信がない、
けれど「ワケわからん」とも言えず、
何らかの解釈を加えて「わかったフリ」をするのがトレンドかと悩む。

処女懐胎、アダムとイブ、現代版・天地創造の物語なのかと思いきや、
パンドラの箱ならぬ「空気さなぎ」の新たな誕生が、その影に蠢いている。
うーん。やっぱり「その4」がないと、落ち着かないかも。
天吾くんの年上のガールフレンドや、ふかえりの行方も知りたいし。

自信がないから、「他の人はどう読んだのか」が気になるんでしょうね。
語り合って、みんなの解釈を引き出したい。
作者が意図してないものも、きっとそこにたくさんあるものとして。
そう、まるでそれがある種の「リトルピープル」であるように。

「純文学」でありながら、国内ばかりか欧米、アジアでも爆発的に売れる理由は
その辺にあるんでしょうか。こんな即物的な世の中でも、
知的欲求をくすぐられたいという思いが、潜在的に人にはあるものなのか。

「難解」が「オシャレ」って、なんだか昭和の昔のようだけどね。
そこに「村上春樹」がつくことで、付加価値がぐんと上がるのは否めない。

それなら、これが村上作品ではなく、無名の人の手で書かれたものなら
ここまで話題になったんだろうかどうだろうか、

と考えてみる。

・・・

と、考えてみて、それは無駄なことだとわかりました。

だって、やっぱりこの小説は、村上春樹以外の人にはゼッタイ書けないもん。
かくして、やっぱり
村上春樹は偉大だ、という結論に今回も達してしまったのでした。

あ、それでも「巻くだけダイエット」には売り負けたんだったね。。

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上 春樹

商品詳細を見る


ブックオフオンライン


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/40-53018fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)