♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
田崎健太 『偶然完全』
偶然完全 勝新太郎伝偶然完全 勝新太郎伝
(2011/12/03)
田崎 健太

商品詳細を見る

 
ご存知、勝新こと勝新太郎の評伝。
勝新の役者人生にスポットをあて、その破天荒な生き様を明らかにする。

世に「役者バカ一代」と称される役者・俳優は数多いけれど、
監督や演出家としても非凡な才能を発揮し続けた勝新の場合は、「表現者バカ一代」と呼ぶのが相応しいだろう。
タイトルの「偶然完全」とは、その勝新の造語。
人と人との出会いは「偶然」であり、だからこそ「完全」な関係が生まれる、という意味だそうだ。
表現者勝新が求めていたすべてが、この一言に集約されている。

豪快な行動で太陽のごとく周囲を照らす勝新の下には、
力のある若手(当時の)俳優や才能ある演出家が次々に集まってくる。
いや、集まってくるのは人ばかりではない。
一攫千金をねらう儲け話や、大作の企画、撮影中の事故死、
それにパンツの中にはドラッグまでも……。
それらを分け隔てなく、まさしく清濁併せ呑むように受け入れてしまうところが勝新の凄いところだ。
賞賛されては胸を張り、糾弾されても信じる道を行く。

同時に、研ぎ澄まされた感覚で台本無視、ほとんどインスピレーションのおもむくままに行われた演出は、
当然、完璧な絵コンテ作りから始まる黒澤明流の映画作りとは相容れないものだった。
世に名高い「影武者」降板事件は、そうした対極に生きる二人の天才にとっては
起こって当たり前の事件だったのだろう。

昭和末期の大スターたち――威風堂々、帝国軍人を演じさせればピカイチの「世界の三船」、
都会的でスマート、格好良い「七曲署のボス裕次郎」らに比べ、
勝新はあまりにキャラが立ち、アクが強すぎた。
当たり役の座頭市だって、その汚れきった風体は僕の目にはみすぼらしく映り、
地べたを這うような土臭い演技には抵抗があった。
だが、今となっては、そうした食わず嫌いだけの理由で
勝新の作品――特にテレビ作品のほとんどを見逃してしまったことが悔やまれてならない。
 
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/393-6b1da54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)