♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
かわいいおばちゃん小説「ミス・ジュリア 真夏の出来事」
ミス・ジュリア真夏の出来事

町の名士である銀行家の夫が死んだ。
残された60代のジュリアの元に、夫の愛人を名乗る女が
夫の一粒種だという9歳の男の子を押し付けて姿を消します。

夫に裏切られていたショックはもちろん、
町の住人たちみんなが夫の恋愛沙汰を知っていたことが
ジュリアのプライドをずたずたにします。

舞台はアメリカ南部の田舎町。
牧師や医者や裁判所の書記やらが、
「私たち男に財産管理は任せた方がいい」と
遺産目当てに迫ってきます。

小切手を切ることくらい自分にもできる。
とんでもない事件に巻き込まれながらも
弁護士のサム、ビンキー、メイドのリリアンなどの力を借りて
ジュリアは「自分で決める」女に成長していくのです。

そうそう、まさにアメリカ版「魂萌え」(桐野夏生)。
「魂萌え」どころじゃないどたばた劇の末に
「魂萌え」ほど現実的ではない結末を迎えますが、
それもいかにもアメリカチック。

ときにはこういう、能天気で、ちょっと差別的なところもあり、
でも神様を信じて正直に生きている
元気なおばちゃんの小説もいいものです。

恋愛メインのお話ではありませんが、
50-60代のハーレクインロマンスなのだと思います。
夫の死で夢物語が始まるっていうところが
50-60代の苦さですわねえ。

ミス・ジュリア 真夏の出来事 (集英社文庫)ミス・ジュリア 真夏の出来事 (集英社文庫)
(2006/03/17)
アン・B・ロス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/376-9aea859e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)