♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『消失グラデーション』 長沢樹
消失グラデーション消失グラデーション
(2011/09/26)
長沢 樹

商品詳細を見る

 
横溝正史ミステリ大賞受賞作にして昨年のこのミス第6位。
昨年の新人賞作品の中ではかなり評価が高かったようだ。

ほとんど予備知識を持たずに読んだのが正解で
ラストで作者の大掛かりな仕掛けをモロにくらって
「どっひゃー」と見事に騙されたのであった。
 
 
天馬トビオ氏はツイッターで
「世界が反転する驚愕の解決編は、目眩く陶酔感とミステリの愉悦」
とつぶやいておられたが、まさにその通り。

ただ、どうも釈然としない気持ちが残る。
「こりゃ、おじさん、一本とられたわ」と素直に思えないのである。
隠された事実が明らかになった後から振り返ると
「だとしたらこれはちょっとおかしいんじゃない」
と思わせる設定・描写がいくつかあるのだ。
アンフェアとまでは言わないが、グレーに近い白って感じ?
(ネタばれになるので詳しく書けないが)

しかし、方々に張り巡らされた伏線=ミスリードを駆使して
綱渡りのように展開する物語は、北村薫が言うところの
「ひとつ取れば崩れるようなブロックが、誤りなく組み上げられた建築」のようで
圧倒的なリーダビリティを持っている。

この種の仕掛けを使ったミステリは
物語そのものや本筋の事件・謎と無関係なものが多いのだが、
「校舎の屋上から転落した女子高生が消える」という本筋の謎が
仕掛けと有機的に結び付いているところは高く評価したい。
 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

連続する終盤のどんでん返し。
一人称小説のみが可能にした完璧なトリック。
不動なはずの大地がゆがみ、世界が反転する眩暈にも似た酩酊感。
登場するいまどきの高校生に対しては、ほとんど感情移入することは
できなかったけれど、ラストの一行で救われた。
[2012/04/20 23:22] URL | 天馬トビオ #- [ 編集 ]

フシギな吸引力
いやあビックリびっくり。

不純異性交遊が蔓延する自由な?校風の高校で起きる
死体なき殺人事件?
うーむ、設定は、決して珍しい切り口ではないと思うのだけど、
なんでしょーねー、このサクサクとしたスピード感。

現実離れした設定も、軽い文体も 全く気にならず
一体どうなるのどうなるの、と読む前にずんずんページをめくりたくなる
この作品の魅力は捨てがたいものがあると思うのです。

が。
最後に用意されていたコペルニクス的展開は、ワタクシも
「こりゃ、おばちゃん、一本とられたわ」と素直に思えない。

歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』的な「やられた」感はない。
というか、ここまで捻り上げる必要があったのかなあと。
しかし、まあそれでもやはり次回作がとっても気になる作家さんです。
デビュー作としては超面白いです。
映像化は難しいけどね~・・・

巻末の「横溝正史ミステリ大賞」一覧を見てたら、第一回って
「この子の七つのお祝いに」だったんですね。
私は何の因果かこの映画を観ており、当時すでに40代にはなってたハズの
岩下志麻さんが、回想シーンでセーラー服姿で出てきたあのインパクトを
忘れることができません。
[2012/08/21 22:56] URL | ままりん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/370-4d7cb52e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)