♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
心の鍵も開いたのか「解錠師」
解錠師

とんでもない悲惨な経験を経て、
8歳で言葉を失ったマイク。

ひょんなことからプロの金庫破りに訓練を受け
芸術的とも言える鍵開けの技を持つ解錠師になります。

ところが物語の冒頭では刑務所の中。

解錠師になるまでの話と、
解錠師として仕事をし始めてからの話が
彼の言葉で、交互に語られます。

ミステリーというよりは
マイクの冒険物語であり、
さらに18歳の少年と少女のラブストーリーであり、
微かな指の感触と音の違いだけで
頑丈な鍵を開けること自体へのロマンの小説です。

解錠の技をマイクに教えるゴースト、
金庫破りの4人の仲間たち、
マイクの心の鍵を開けられる唯一の存在アリエルなど
脇を固めるキャラクターもそれぞれに個性的。

その中で、8歳のマイクのめんどうをみることになった
独身で不器用なリート伯父さんがとても好きでした、私。
マイクに中古のヤマハのバイクをあげるシーンがとてもいいです。

マイクにも幸せになってほしいけれど、
リート伯父さんの晩年が穏やかであってほしいと願います。


解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2011/12/08)
スティーヴ・ハミルトン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
すごく良かった
凄惨な犯罪現場と 極悪人の大人ども。
情け容赦ないハードな人生を生き抜いて、
自らもまた罪人となることを逃れられない主人公。

その中で、ひとかけらの真実を大事に守り抜く、
こういうウェットな物語、私はものすごく好きなんです。
ちょっと「シンプルプラン」とも共通する内省的なスタンスが。

うん。すごくいい小説でした♪
[2012/04/20 23:20] URL | ままりん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/344-846e9c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)