♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『道化師の蝶』
文藝春秋 2012年 03月号 [雑誌]文藝春秋 2012年 03月号 [雑誌]
(2012/02/10)
不明

商品詳細を見る


もう一人の芥川賞受賞者、円城 塔さんの
受賞作品『道化師の蝶』を読みました。

まさに噂どおり。


 
 
さっぱりワケわからん。

いや〜今年初めに、読書会課題本で多和田葉子さんの作品を読んだとき
その難解さに、ちっちゃい脳みそを痛めたものでしたが、

そんなレベルとはケタ違いの理解不能。
いったいこの小説には 何が描かれているのだらうか??

粗筋を残そうかと思ったけど、粗筋がないしw
ていうか、何も要約できるものがない。

しかし「つまらん」と切り捨てるのは、はばかられる。
切り捨ててはいけないのだという「雰囲気」だけが残る。

あえて『文藝春秋』で読んだのは、選評が読みたかったから。
いったい選考委員は、どのような理由でこれを選んだのだろうかと。

・・・以下、各選者のコメを抜粋すると

黒井千次氏 
「このわからなさの先に何かあるのではないか」
「支持するのは困難だが全否定するのには更に難しい」

高樹のぶ子氏
「決して断じて、この作品を理解したからではない」が、
票を投じたのは「支持する委員を、とりあえず信じたから」

山田詠美氏
「知的好奇心を刺激する興味深い世界が広がっている」が
「もっと読者に安売りしてほしい」

島田雅彦氏
「こういう“やり過ぎ”を歓迎する度量がなければ」ならないとし
「二回読んで、二回とも眠くなるなら、睡眠薬の代わりにもなる」

宮本輝氏
「私には読み取れない何かがあるとしたら」
「賛成する委員の意見に耳を傾けたい」

石原慎太郎氏
「できの悪いゲームに付き合わされる読者は
気の毒というよりない」


わからんもんに投票するなよ。

唯一絶賛されていると思われるのが、川上弘美氏なんですが、
すみません。川上さんの選評が、これまた難易度高いです。
何を言わんとしているのか、私には理解できませんでした。

それでも、この作品には
「わからんからって切り捨てちゃいかんような気がする」
ナニカが、やはりあるのです。
自分の判断基準を不安にさせるものが。

難儀な作品と思います。

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/340-8d806cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)