♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『野いばら』
野いばら野いばら
(2011/12/02)
梶村 啓二

商品詳細を見る


第3回日経小説大賞、満場一致の受賞作です。
ちょろっと評判良さげなんで手に取りましたが、
・・・予想外の面白さ、でしたねー。この読後感は、

そう、アレに似てる。


 
 
ゴダード、ですかねー。

そんでもって、
広告代理店勤務の会社員が書いたってとこもあるけど、

逢坂剛氏の『カディスの赤い星』の興奮を
ちょっと思い出しましたねー。

『カディス・・』とゴダードの読後感。
どんだけ面白いの、ってことで説明すると、

最初の登場人物は、大手醸造会社の花事業部門に属して
欧州に種苗を買付に行く縣和郎。
キリンかサントリーってとこでしょうか、にお勤めの
バツイチ・エリートサラリーマンです。

英国出張の際、彼は仕事と息抜きを兼ねて、
地方で開かれる個人邸宅のオープニングガーデンを
見に行き、借りたレンタカーの故障が縁で
とある老婦人の邸宅を訪れることになります。

どことなく和風のニュアンスを持ったその家の庭に惹かれる縣。
さらに老婦人から手渡されたのは、かつて江戸に派遣された
英国の情報士官であった先祖の遺した手記。

そう、物語はこの手記の中にあるの。
史実とロマンスに満ち満ちた物語が。
ね、ゴダードでしょー?

生麦事件が起き、日英間に一触即発の緊張感が走る中で、
香港から江戸に転勤を命じられたエバンス。

妻を母国に帰し、横浜に単身赴任したエバンスは
諜報活動を命ぜられながらも、日本文化に触れ、
日本語を教わる武家の出戻りインテリ美女に心を乱し、
張り詰めた日々を、花と音楽に癒されて過ごします。

うーん。ほどよい湿度が感じられるこの文章力。
切なくも冷静に、淡々と時代を描きながらも
今の時代に飛び出してくるような、鮮度あふれる恋心。

ね、ゴダードでしょー?

もちろん恋を妨げるスリリングな時代背景を
しっかり味わえる歴史小説でもありますが、

イギリスのオープニングガーデン、
種苗の遺伝子情報売買という、今の世の
流行や先端技術も盛り込んだ
ビジネスマン視点の小説でもあり、と

このページ数にして簡潔に、優れた構成力で
「日経」という媒体にふさわしい
とても完成度が高い小説に仕上がっています。

引き出しの多そうな作者だという気がするので
次回作も読んでみたいと思います。

ブックオフオンライン
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/323-4c289e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)