♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『新装版 不祥事』
新装版 不祥事 (講談社文庫)新装版 不祥事 (講談社文庫)
(2011/11/15)
池井戸 潤

商品詳細を見る



池井戸さんお得意の銀行モノ、です。

が・・・あれ?

 
え〜と。

こんなに文章ヘタだったっけ?

あ、すみません。
新装版、てことなんで、よく見直せば
2007年の文庫のお色直し、ってことでした。

「下町ロケット」の4年前か。
「鉄の骨」より前か。
その頃は、まだこんな文章だったのか・・あ、すみません。

主人公は、東京第一銀行事務部に調査役として勤務する
相馬健とその部下の花咲舞、というおっさん&女子のペア。

舞は入行5年目にして、支店窓口から抜擢されての事務部異動、
なんだけど、この二人が何をするかっていうと、過払いとかの
「事故」が目立つ支店に行って原因追及にあたり、業務改善を図るという
まあ内部査察のような、大変煙たがられるおシゴトです。

相馬はぼんやり、対する舞は正義感にあふれた鼻っ柱の強い美女という
キャラクターが設定されていて、各店が直面する、横領やら不渡りやら詐欺やら、
行内いじめやら、派閥抗争やら、大手取引先へのゴマすりやら
いろいろな問題を、ほぼ舞ひとりが解決し、相馬はただ傍観者として
ハラハラしたりホッとしたりするというシリーズになっています。

と書いただけでも、粗い部分が目立つんだけど、

それでも面白い。


現場経験に裏打ちされたリアリズムも強みだけど、
善玉と悪玉をきっちり対比させた人間関係、
(悪徳代官のようなお偉方とかね)
スーパーヒロインの舞の活躍ぶり、
そういうストーリーテリングの面白みをうまく構成できるヒトなんだなあ、
ということが読むほどに伝わってくるのです。

こういう作品をいくつも重ねて「下町ロケット」が生まれたのね。

この先のエンタメ作品に、どんどん期待したいと思います。


ブックオフオンライン
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/290-59a5c5ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)