♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『平成猿蟹合戦図』
平成猿蟹合戦図平成猿蟹合戦図
(2011/09/07)
吉田修一

商品詳細を見る


ずっと読みたかった吉田修一さんの新作。
いろいろな作品を書く人ですが、これは
『悪人』のようなシリアスな内容ではなく、
『横道世之介』の系列、ちょっとコミカルなお話です。

 
おもな登場人物は、
長崎五島列島出身のホストとホステスで、ヤンキーパパ&ママの朋生(ともき)と美月、
秋田出身で歌舞伎町の韓国バーのバーテン兼パシリをやってる純平、
その韓国バーの雇われママをやってる美姫と恋人である極道の高坂、

苦労人の人気チェリスト湊と辣腕マネジャーの夕子、
運の悪い湊の兄、その妻と娘の友香、そのBFの颯太、
湊兄弟の祖母で秋田在住の100歳になるサワ・・・

と、めちゃめちゃ盛りだくさんなんだけど、
これらの人々がいずれも同等の重要性をもって、
新宿歌舞伎町、そして秋田のそれぞれを舞台に

水商売の世界から保育園、地方自治体、永田町にまたがり、
クラシック音楽から現代アートまで、多彩すぎる世界で
奇想天外のストーリーを繰り広げるハッピーな小説です。

もちろん『悪人』のような感動があるわけではないんだけど、
何よりも作家としての凄さを示すものは、こんな風呂敷広げすぎた話を

504ページで収拾させた、

ってことだ。

吉田さんは多能な方です。

ところで、後半に向かうにつれ、登場人物の中でも、
純平クンにどんどんスポットが当たっていくんだけど、

歌舞伎町のパシリの純平?

おお、それは「純平、考え直せ」の純平クンではないのか。
そうか、純平、考え直したか!

・・・なんて一瞬思っちゃったけど、あっちは奥田英朗さんでしたわw
ちなみにあっちは坂本純平で、こっちは浜本純平・・似とるやん。

う~む。

「純平」棲息率が高いのだろうか@歌舞伎町。

映像化は、もちろん溝端じゅんぺーくんで。

ブックオフオンライン
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

お邪魔しました。
[2011/12/13 16:29] URL | KalaKaLa #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/288-6568f9bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)