♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『ニキの屈辱』
ニキの屈辱ニキの屈辱
(2011/08/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る


山崎ナオコーラ。
読んだことがあるようで、読んでなかった。
帯に「最高傑作」とあるので、そんじゃ読んでみっか、と。


 
 
写真家を目指すフリーターの加賀美クン、25歳は
一つ年下の売れっ子写真家、ニキのアシスタントとして雇われる。

ニキは人使いが荒く、現場でも加賀美クンを罵倒する。
でも彼はめげない。アシストしながら自分の夢も叶えようと頑張っていく。

そんな二人がやがて陥る恋のお話、です。

う~ん。

私は本当にトシをとったのか、と思いました。

イマドキの、余白の多い、上っ面をなでるような恋愛小説が 
なんとも心に響いてこない。
ディテールは小洒落たところもあって、気が利いてたりするんだけどね。

加賀美クンもニキも、わかりやすいキャラ設定がされているけど
人間としての深み、本質的な部分は、まるで伝わってこない。

そういうものは、求められてないってことなのかしら?

にしても、加賀美クンの恋愛観は、ずいぶん女性的だよなあ、と思い、
同性どうしがじゃれあってるような感覚が気になったんだけど、
ナオコーラさんは女性作家なのでした。やはり。

まあ、
恋愛の勝者と敗者がはっきり決着がつくところは、
ある意味リアルなのかもしれないけど、後味はよくないな。

さらにですね。

料理が好きそうな加賀美クンの、家メシ献立が
・レタスと玉ねぎの味噌汁
・しめさば
・アボカド

って、その食のセンスはありえんだろー。。

これが「最高傑作」ならば、も、いいかな。

あら、キビシイ評価になってしまいました。
Amazonレビューでは高めの評価なので、相性なんでしょう。

私は、バカで間抜けで醜態晒しの、どこまでも人間臭い
恋愛ものを読みたいお年ごろになってしまったってコトですね。


ブックオフオンライン
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/252-dce466c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)