♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
「あの子の考えることは変」
あの子の考えることは変

高井戸でルームシェアしている23歳の女子2人、巡谷(めぐりや)と日田(にった)の物語です。

巡谷はGカップのおっぱいが自分のすべてと思っていて、
ときどき「剥き出し」になって「グルーヴ」してしまい(キレるというか)、
そういうときは大きなTシャツの中にすっぽり入り、
「私はおっぱいだ」と思い込むことで落ち着きを取り戻します。

一方の日田は「とてつもない孤独を抱え」(本人談)、
清掃工場の煙突から吐き出されるダイオキシンのせいで「獣臭さ」と性欲が亢進すると訴え、
「巡谷の顔見ているときだけ、エロいこと考えなくて済むんだよね」と言います。

2人の会話、2人の日常がテンポのいい文章で描かれますが、
2人とも変です。作者の本谷さんも相当変です。
汚くて、悲しくて、ぐったりしそうなストーリーなのに、
「あはは」と時に笑いながらラストまで疾走するように読んでしまい、
結局み~んな変なのかも、と虚脱するような読後感を残します。

ちなみに本谷有希子さんは「劇団 本谷有希子」を主宰し、作・演出を手がける人で、
何回も芥川賞、三島由紀夫賞などの候補になっています。
私は大好きな作家の一人で、けっこう友達や知り合いにお勧めしていますが、
好きじゃない人も多いようで…。それはそれで納得なのですが。

私の好きな、本谷さんの作品「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は
監督:吉田大八、主演:佐藤江梨子で映画化されています。
おおやまねこちゃん、見た? おもしろかった? 見たいわ~。

あの子の考えることは変あの子の考えることは変
(2009/07/30)
本谷 有希子

商品詳細を見る



ブックオフオンライン

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント
もっちろん
映画観ましたよ。シナリオ関係者の間では「面白い映画」と評判で
かなり話題になっていました。
観て、後悔した人の話を聞きません。
サトエリがかっこいいです。
本谷さんはノーマークでした!
[2010/05/28 19:33] URL | ねこちゃん #HfMzn2gY [ 編集 ]

Re: もっちろん
シナリオもよかったのかもしれないけど、
原作もかなりいいです。
小説のイメージにさとえりはかなり合ってるし。
見たいわ~。
[2010/05/31 07:57] URL | さらだ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/25-eb1ac1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)