♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『世にも奇妙なマラソン大会』
世にも奇妙なマラソン大会世にも奇妙なマラソン大会
(2011/02/02)
高野 秀行

商品詳細を見る


無謀だ・・

と思ったけど、


 
 
基礎体力があればやれちゃうんだなあ。

って、何かというと、著者の高野さんが
近所をちょこちょこジョギングしただけで
いきなりサハラ・マラソンなる砂漠のマラソンに出てしまう話。

そ、これはノンフィクションの短編集です。

サハラ・マラソンとは、あの間寛平サンも出たという
7日間で約250kmを駆け抜けるメジャーレースとはベツモノで、

もっと地元クサイ、超マイナーなマラソン大会で、
5km、10km、ハーフ、フルとあるらしく、もちろん彼は
迷わずに42.195kmのフルに出場してしまうのです。

世界中から猛者が集まる大会で、いかにそれが無謀かって思うけど、
結果的に彼は5時間39分で完走してしまうんだから、スゴイ。
決して速い記録じゃないけど、初レースで、しかも普通のレースとはまるで違う
過酷な条件下では、相当なもんでしょう。

でも、マラソンだけが主題ではないこの本。
早稲田の探検部出身で‘辺境作家’の彼ならではの
物おじしない行動力と、謙遜しつつも多国語を操る能力と
経験値の積み上げで、異国の地やそこで出会う人々が
面白おかしく、ときにシリアスに語られてゆきます。

ああこのニオイ。
沢木耕太郎の「深夜特急」とか「河童が覗いたインド」とかに憧れて
自分探しの旅に出たバックパッカーが、いっぱいいた時代を思い出すなぁ。

女だからそんな無謀なマネはできない、なんて昔は思ってたけど、
男に生まれていても、やっぱり外に踏み出す勇気はなかっただろうな。

だから、フツーの人は旅人に憧れるんだよね。

高野さんは、サハラ・・を機に走る人になられたご様子ですが、
今も地球のあちこちを飛び回ってるみたいです。
ほかの作品も読んでみたいな。



数年前から走り始め、今年は青梅マラソン30kmを走ったワタクシ。
初フル目指して、先ごろ東京マラソンに申し込みました。
抽選結果は10月発表だけど、もっともっと走らないとなあ。

ブックオフオンライン 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/225-0de626b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)