♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
37歳未婚OLって…「ワーキングガール・ウォーズ」
ワーキングガール・ウォーズ

経済小説も企業小説も好きです。
でも、もっと若い時に読まなくちゃダメだったね、
という本もあるんですねー。

主人公の「墨田翔子さん37歳独身」は某一流総合音楽企業の企画部係長。
部内の誰からも煙たがられているという自覚にあふれています。


上司の課長、部長からは嫌みを言われながら頼りにされ、
部下の女子社員からは意地悪、仕事中毒と陰口をたたかれ、
ランチはいつも一人、社内に心を許せる友人もいません。

仕事は面白く、収入は4人家族がつましく暮らせるくらいあり、
都心にマンションも買いました。
でも、心の中に風が吹くのです。疲れた。つまらない。

ある日、急に思い立ってオーストラリアへの旅に出ます。
そこで2人の女性と知り合い、少し元気になって仕事に戻りますが…。

「働く女性のリアルな本音と弱音がここに」というのが
版元である新潮社のサイトにある宣伝文句ですが、
…だめです!

37歳くらいで、何悟りきったようなこと言ってんのよー
ひよっこじゃんね、と思ってしまうのですよ、
55歳の働く女であるワタクシ。

ずっと以前に女探偵ミロシリーズ書いた人だよね、柴田よしき、
と思って調べたら大きな勘違い。
桐野夏生がミロシリーズ書いてた頃に女刑事RIKOシリーズを書いた人でした。

OL小説に方向転換したのかーと時の流れにしみじみしましたが
クールで人に理解されにくいハードボイルド系の女性が
困難に立ち向かい、知恵と行動力で乗り越えていくという
背骨の部分は同じ構造です。

自分がせめて35歳以下であればね。
出会うのが遅すぎた残念な本でした。


ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)
(2007/03)
柴田 よしき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/209-23ef0466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)