♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『潜入ルポ アマゾン・ドット・コム』
潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)潜入ルポ アマゾン・ドット・コム (朝日文庫)
(2010/12/07)
横田 増生

商品詳細を見る


読むものがない~・・活字切れ~・・
と思って、周りを漁ったら、

ちょっと前に貰った本が出てきた。
ノンフィクションです。

 
これはノンフィクションライターの作者が
市川塩浜にあるAmazonの物流センターに、
半年アルバイトとして潜り込み、
企業情報をあまり開示しないAmazonnの内情に迫る、

つもりのドキュメントだったんだと思う。

というのは、潜り込んだのは2003年のことで、
第一部は今読むには、あまりにも古すぎる内容なもので。。

今回、それに加筆された第二部の方が、
その後のAmazonの飛躍的な発展を取り上げていて
読ませる話になってたかな。

ただ、繰り返し作者が書いてるように、
確かに企業関係者の口が固いらしく、げげ、と驚くような
真実などは描かれておらず、タイトルから期待するような
ルポルタージュではありませんでした。

こういうものって、
どうしても「煽る」部分が必要なんだと思うけど、

一時期、
Amazonがブックオフから中古品を仕入れて
新品としてプロパーで販売しようとしてたのではないか


っていうのが最もスキャンダラスなとこなんだけど、
結局それも確証はなく、疑惑の域を出ないままってのが、なんとも。

そっちがイマイチだからか、
「1分に3冊のピッキング」というノルマを課せられた
物流の作業現場での、非人間的な単純作業の過酷さに
偏らせているのが、ちょっと気になった。

時期的には、長期の安定雇用が失われた小泉時代の「派遣法」を踏まえて
低賃金の短期契約バイトを社会的問題に絡めようとしているんだけど、
正直にいうと、私はそういう雇用形態もありだと思ってるんです。

私は学生時代に某洋菓子メーカーの物流センターで
お中元・お歳暮などの季間バイトを4年間やってたけど、
それは効率だけを追求した、単純でハードな肉体労働だったけど、

けっこう楽しかったの♪
だって、単純作業だーいすき! だから。

ていうのは別としても、技術の要らない、誰でもできる作業を
発注量に応じて増員したり減員したりして回していくためには 
企業としては、それに合った雇用形態をとらざるを得ない。

「やりがいのない仕事」でも、働く側が割り切れるのが
バイトなんじゃないのかなと思うのですが。。

実際、作者が潜り込んでた2003年には、私はAmazonで買い物を
してなかったけど、今はCDもDVDもここで買う。
それは、安くて送料無料で、ちゃんと発売日に届くから。

そのサービスを実現するには、段階的に人材を配置して、
人件費の削減を行ってきたのは当然のことではないかと。

長年、債務超過を経てついに黒字転換し、飛躍的成長を
遂げてきたAmazonを、作者はユーザーとして理解し、
評価している部分もある。

そのあたりが、やっぱり突っ込みにくい素材だったんでは、と思う。
黒い噂とか、経営破たんとか、ベースになる素材がないので。

ちょっと消化不良でしたかね~。
でも、出版社、取次、再販制度などなど、日本の出版物の
流通事情などもよくわかり、その辺は面白かったです。


ブックオフオンライン 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/207-f6bba6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)