♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
やっぱり好きだな阿部勇樹、と思っちゃった「泣いた日」
泣いた日

南アフリカ大会日本代表の阿部勇樹。
自身の回想をベースに、恩師のイビチャ・オシムさん、
祖母井秀隆さん、お父さん、妻のかおりさんなどが
コメントを寄せるという構成で、阿部勇樹の
今までのサッカー人生を振り返ります。


ジェフのジュニアユースからユース、トップリーグで一時代を築き、
その後浦和レッズを経て、現在はイングランドのレスター・シティで
華麗なキャリアを積んでいる、阿部勇樹。

阿部をアンカーの位置に置くことで南アフリカ大会の日本チームは
守備面で抜群の安定感を得て、
予選リーグを勝ち抜くことができたことは皆さんご存じの通り。

こう書くと、たしかにすごい選手だけど、
ジェフの期待の若手時代、けがやシャイな性格のために
ぐずぐずしていた姿が忘れられません。

オシムさんに出会って、キャプテンに指名され、
ぐずぐずな面を残しながらも、少しずつ「大人の男」に成長していった姿も。

敬愛していたオシムさんが
「脳梗塞で倒れたのはアジアカップでの自分のプレーのせい」と思い込み
おろおろじたばたした顛末を本人が語っていますが
そのぐずぐずぶりがいかにも阿部勇樹らしいのです。

ばかだけど、やっぱりいいヤツだなあ。

「日本男児」の野心満々心臓に毛がはえている長友佑都、
「心を整える」の冷静で自律心が強く頭のいい長谷部誠と
比べると、
「泣いた日」の阿部勇樹は
「サッカーが好き」という以外、欲や野心を持つのが苦手で、
他の選手がプレーしやすい状況を作ることを考えて動くという
形でチームに貢献する、意外に目立たないプレーヤーです。

「便利屋」という言われ方にちょっと傷ついていた阿部は
オシムさんが「ポリバレントな選手」と言ってくれたことで
救われたそうです。
人間的ぐずぐずっぷりに親しみがわきます。

阿部キャプテンとオシムさんがいた2003-06年のジェフのサッカーが
ほんとに好きだったわ、と思い出しながら、
本棚の「オシムの言葉」の隣りに
「泣いた日」を並べて置くことにしました。


泣いた日泣いた日
(2011/06/16)
阿部 勇樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/203-f4bde4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)