♪おすすめ Blog

カテゴリ

最新コメント

Link

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おもしろ本棚

Author:おもしろ本棚
読書会「おもしろ本棚」のメンバーが、思い思いに「本」「映画」「モノ」「コト」を素顔で語ります☆

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

おもしろ本棚 Ver.2 <よりみち篇>
「おも本」メンバーが、本・映画・ドラマなどなど、熱く思い入れを語る<よりみち篇>。
『ジェノサイド』
ジェノサイドジェノサイド
(2011/03/30)
高野 和明

商品詳細を見る


北上次郎氏大絶賛の帯がついてたんで、
かなり気になってた作品です。

が、まったく関連情報を仕入れずに、
ジェノサイド=大量虐殺、しか知らぬまま、読みました。
 
 
いや、スケールのでかいこと、でかいこと。

舞台はブッシュ政権を匂わせる、バカ大統領が君臨するワシントンと
コンゴを中心とする、アフリカ諸国、
そしてなぜか日本、というグローバルな設定です。

いやもちろん、日本の作家だから当然日本なんだけど、
配分としては、翻訳モノを読んでるような気にさせられる
ミステリーなのか、アクションなのか、SFなのか
ずいぶん欲ばりましたなー、なジャンルの作品です。

軍事、外交、最先端医療などなどを扱いつつ、
人類滅亡というマクロなテーマと
父子の愛情関係というミクロなテーマを盛り込み、これまた
すいぶん欲張りましたなー、な内容です。

しかし料理しきれず、あぷあぷしてる感じは皆無で、
曖昧さや冗漫さはなく、600ページ近い長編ですが、一気に読めます。
というか、かなり削り落としてこの量なんだろうなと。

ちなみに日本側の主人公は、創薬化学を研究する
修士課程2年めの古賀研人青年。

しかし彼自身の活躍は、この小説のキモではあるものの、
決してそれがボリュームを占めてるわけではないんです。

同じく研究者であった研人の亡き父、それに繋がる学者仲間、
ブッシュがモデルらしい、バカ大統領(他国のことはいえないが)とその取り巻き、
民間の軍事会社に傭兵として雇われる、選りすぐりの元米兵たち。

これらの人がどう関わるの? てところから始まって、
大きな一つのテーマをもって、つながりが明らかにされていく。

ホントいうと、いろんな世界情勢やらスパイ事情やら
未開地の原住民などの文化人類学やら
ハッキングやら、最先端医療としての創薬やら、については

知識が追いつかん。

逆にその道のプロならば、どこかに荒唐無稽な穴を指摘するかも、だけど、
でも知識がなくても、このハードなアクションと展開は楽しめます。

というのは、やはり作家が緻密な取材を重ね、しっかりとした構成を
組んでいるからで、渾身のチカラを込めて、満を持して書かれたのだろうと
わかるからなんです。ほんとにスゴイ。

他の作品は読んでないのですが、Amazonの絶賛レビューを読むと、
やはりこれがターニングポイントになってるようなので、

あまり日本にないタイプの小説として、
これからの作品も見てみたいです。

ブックオフオンライン 
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://marmadays.blog2.fc2.com/tb.php/193-64cc9de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)